アルトコインとは?ビットコインとの違いは?

アルトコインを詳しく解説

2009年以降仮想通貨の価格は大きく上昇してきました。
元祖であるビットコインに加え、オルトコイン【アルトコイン】といった複数の、各、力を備えた通貨も、多数出てきております。

まずは簡単に前提として、ビットコインの魅力を簡略化して書きます。

国など、管理する機関が存在しない。

これは円であれば日本が管理してるといった国籍を持たず、完全に独立している市場となります。

送金手数料の安さ

手数料につきましては、海外送金をしたことがある方は理解できると思いますが、例として挙げれば日本から海外送金を行いますと、最低でも数千円の手数料が発生します。

これは日本から送金したとして確認・振込完了と、人の手を多く使いますから仕方がないのですが、ビットコインで送金すれば数円~数十円程度の送金かつ最短は数秒で送金元から送金先への着金までが可能です。

暗号通貨だから、どうしても怪しい。
ここをビットコインはクリアしてる点が更に魅力です。

透明性の高さ

ビットコインはブロックチェーンという、分散型、管理者不在の独自の認証システムがあります。

開始は2009年となりますが一番のポイントとして、すべての取引履歴がネット上に公開台帳として記録されています。

これにより誰でも、改ざんが不可能なシステムであり透明性も高い非常に信頼のおける仕組みとなっております。

オルトコイン【アルトコイン】とは

これに加え続々と登場するオルトコイン【アルトコイン】

オルトコイン【アルトコイン】とは、

alternative coinの略(=altcoin)で、日本語訳で、ビットコインの代わりになるコインとなり、一般的にビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のことをオルトコインまたはアルトコインと呼びます。

イメージとしましては、ビットコイン2.0ビットコインにできない要素を付け加えたり、またはビットコインとは真逆の性質としてビットコインが透明性が高いとしましたら、匿名性が高いコイン等【送金先や元などがわからない】等様々な、要素を持つ通貨もこのオルトコインにあたります。

オルトとアルトは発音の違いですから、こちらは同じ意味ですがオルトコインと今後は記載させていただきます。

日々多くのコインが新たに誕生しており、ビットコイン以外にも2000以上の通貨が出回っており、今後も増えていくものと思っています。

ただし、オルトコインには当然価値が大きく上昇するものから、全く価値を持たない物等様々であり、トレードや積み立てをする場合こちらを見極めていく必要性があります。

ただし、これだけ数多くの通貨がある中どれに投資をしたり等選定をするためには、仮想通貨の本質から世界全体を知っておく必要性があると思います。

仮想通貨の価格の推移

現在、仮想通貨の価格が一覧できるマーケットキャップ様を参照時価総額の上位3つを参照しますと、

1位ビットコイン $25,535,600,325
2位イーサリアム【エセリアム】$8,691,772,367
3位リップル $3,288,933,488

となっております。

2009年にビットコインが誕生し、当初が1ビットコイン0.07円。
2017年現在では、18万円を超えてきており2009年に1万円購入しただけでとんでもない金額なのは一目瞭然ですね。

ですが、当時はここまで普及し価値を持つものとは、誰も思っていませんから、ほぼ99パーセントの当時購入された方は、保管もせず、捨ててしまっていたことだと思います。

2013年にイギリスのニューポートに住んでいるとある青年のニュースが、出ていたことをよく覚えています。

2009年0.07~9円でほぼタダ同然で手に入れた7500ビットコインをハードディスクに入れて置き、そのハードディスクが入ったタンスを、そのまま粗大ゴミに出しました。
青年は2013年頃にそれに気づいたそうです。

ビットコインが大量に入っている。。
慌てて、ごみ置き場でハードディスクを探す青年。
その写真とともに唖然とした顔をして、記事に映っていた姿を今でも思い出します。

当時7500ビットは7億円に当たり、このニュースが大きくビットコインの知名度を加速させたのではないかと今では思っております。

現在18万円に価格上昇してきたビットコインにも当然、歴史がございます。

例えば、国が通貨として認める動き、企業が、決済として利用する動き、投機としてトレードをしようとする動き、資産分散として、積み立てといった形で、保管する動きなど、ほんの一例ですが、2017年は仮想通貨元年となり、ここ2年で瞬く間に、一般的であり、誰もが知っている物になるかとおもいます。

時価総額2位であるイーサリアムであっても、当初20円だった通貨が、現在10000円を超える価値を見出しており、こちらも単純に500倍。当時100万円買っていれば5億円となります。

時価総額3位のリップルであっても現在、5月ですが、今年に入ったころの価格は0.6~円程度でしたが、現在は15倍に当たる、10円を超すものとなってきております。

まさに、ひと昔でいうバブルがこの仮想通貨で起きてきているという事になりますね。

当然価格の推移には、様々な事情が絡んできております。

3位リップル

であれば、

メガバンク【三菱UFJ等】各社がリップルを基軸とした送金システムの構築をすると発表があったりと、仮想通貨の値上がりは、トレードの市場もありますが、主に世界情勢に対し動くことが多いわけです。

FXであったり、株であったり、トレードも仮想通貨では可能ですが、トレードをやってきている筆者としての感想は、FXなどのように、チャート読みはもちろんですが、基本が通用しないことが多いということです。

上がる勢いでいいますと1日に100%【二倍】になることもあるわけです。

ですので、

最も大切なのは、ビットコイン、オルトコイン各種の特性をよく理解したうえで、該当通貨にかかわる世界情勢をよく観察し、情報を得たうえでチャートを見るという事。

非常に難しく感じますが、学ぶことを基本姿勢とし、今からでも仮想通貨を学んでいけば、今後の新たな、読者様の力になることは間違いないと思います。

トレードは無理にする必要がなく、先ほどの仮想通貨の推移からみても、ドルコスト平均法【定額積み立て】で正しい力を持ったビットコイン、オルトコインに分散して積み立てていくことで、リスクを軽減し、大きく資産構成できる可能性が高いと思います。

筆者は主にトレードを軸としておりますが、ドルコスト平均法の積み立てとは別で積み立てをしております。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓