アデックス(AdEx)とはどんなアルトコイン!?~より効率的な広告をブロックチェーンで~

アデックス(AdEx)とはどんな暗号通貨なのか?

アデックス(AdEx)の目的

アデックス(AdEx)はブロックチェーンを使った、より効率的で直感的かつ透明な広告プラットフォームの構築の為に作られました。

オンライン広告は他の全ての広告媒体を上回る程発達し、2017年にはグローバルマーケティングの40%近くを占める程です。
しかしその一方で様々な問題を抱えています。

  • 広告詐欺
  • プライバシー問題
  • スポンサー契約の承諾の煩雑さ
  • 広告ブロッカーの増加

これらの問題はこれからのオンライン広告の発達を考えた場合、大きな壁になってきます。
アデックスは消費者を含む広告のプロセスに関わる人全てに、透明で有益な広告プラットフォームを提供します。

AdExはEthereumブロックチェーンとスマートコントラクトで構築された分散型のアドエクスチェンジです。

アドエクスチェンジとは?
媒体や広告ネットワークが保有している広告枠を交換出来る仕組みの事を言います。
広告を表示する媒体側と、広告主との取引を市場を通じて行う仕組みです。

アドエクスチェンジでは、広告の表示回数毎に課金されるインプレッション課金型広告が基本となっています。

ADXトークン

AdExのトークンはADXと呼ばれ、初期の段階ではイーサリアムとの交換でADXが付与されました。
基本的には1ETHにつき900ADXが付与され、40,000ETH分が既に発行されています。
これにより集まった資金の配分は既に決まっています。

  • ソフトウェア開発:45%
    ADEXのコアメンバーに割り当てられます。
    開発チームは初期のプロトタイプとその後必要に応じて作成される基金へ使われます。
    ソフトウェアの改善の為の大幅な採用に利用されます。
    独立したセキュリティ監査の為にも使われます。
  • ビジネス開発:20%
    ビジネスで必要となる開発、より多くの出版社や広告主を募り集客する為に使われます。
    ビジネス開発/アドテックの専門家を集めて行う必要があります。
  • マーケティング:20%
    ADEXプロジェクトへの注目を集める為に使われます。
    オープンソースへの協力者を募ります。
    ADEXプロジェクトの周辺コミュニティの構築に使われます。
  • 法律と行政:10%
    殆どがADEXネットワーク用の法的な対策の為に使われます。
    残りのわずかな部分は、管理・会計へ回されます。
  • 緊急時の為の予備資金:5%
    不測の事態が起こった時の為の費用が確保されます。

ADXの購入方法

アデックスのトークンであるADXは取引所にて購入が可能です。
日本の取引所では扱っている所がありませんが、海外の取引所なら可能です。

これらの海外取引所では英語で操作が必要になります。

アデックス(AdEx)に関する補足情報

  • 通貨表記:ADX
  • 最大供給量:100,000,000 ADX
  • 公開日:2017年6月13日

関連リンク

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓