BitConnect(ビットコネクト)とはどんなアルトコイン!?

ビットコネクト 暗号通貨

BitConnect(ビットコネクト)とは

BitConnect(ビットコネクト)は略号がBCCの仮想通貨(暗号通貨)です。
しかしこの暗号通貨少し怪しい感じがします。

それには理由があります。
BitConnect
の大きな特徴として

  • BCCを貸し付けることで利益が入る
  • BCCは持っているだけで利子が手に入る
  • アフィリエイト制度(紹介)がある

これは詐欺コイン認定された暗号通貨と同じ特徴ばかりです。

https://bitconnect.co/
更にこちらがBitConnectのホームページですが、BitConnectの通貨に関する詳しい説明が存在しません。

ビットコインやイーサリアムなどの他の通貨の情報をニュースとして取り上げ、BitConnect自体の情報が配信されていませんでした。
またホワイトペーパーもありません。

一応BitConnectのスマホ向けアプリというものがあり、iPhoneとアンドロイドのどちらでも利用出来るようですが・・・・
どうなのでしょうか。

BitConnectは下記のサイトで13位になっていますが、気になる点があります。
それは取引のほとんどがBCC Exchange(本家サイト内)で行われているのです。

ほぼ全てがビットコネクト内でこの通貨を買っており、おそらく外には流通していないと思われます.
https://coinmarketcap.com/currencies/bitconnect/#markets

ここで特徴としてあげた「BCCを貸し付けることで利益が入る」ですが、BitConnectを貸し出したら利子が受け取れますが、それ以上に支払う借り手がいないと成り立ちません。

BitConnectの仕組みとしてはビットコインなどの通貨間トレードをする際に貸し借りを行い、その利益の一部を還元してくれるということになっています。
しかしその貸し手とは誰なのでしょうか・・・・・
https://bitconnect.co/より図が必要になるかと思います。

貸付の最低金額は100ドルですので、まずは最低でも100ドル分のBCCを購入する必要があります。
LENDINGによる利子は、月に最大で40%となっています。
そして1010ドル以上の投資に対しては一日あたり0.%が必ず付くということになります。

BitConnect(ビットコネクト)の価格

公開当時の15円前後から現時点で(2017年9月19日)には12941円まで上昇しています。
時価総額も800億を超えて12位前後を推移しています。
今後の動向が気になりますね.

BitConnect(ビットコネクト)の購入方法

BitConnect(ビットコネクト)を扱っている取引所は多くなく、LivecoinNovaexchangeで購入が可能となっています。
業界大手のpoloniexなどは扱っていません。
また日本の取引所も扱っていません。

時価総額は高いのに取り扱わない理由があるとしたら、正当な基準を満たせていないという判断も考えれます.

まとめ

今回BitConnectに関しての記事を書いてきましたが、周辺情報を調べれば調べるほど??が付く暗号通貨です。
勿論これだけでBitConnectが詐欺通貨だと決め付ける事は出来ませんが、この通貨に投資する理由もない事が分かります。

BitConnectの時価総額は暗号通貨全体で13位です。
これだけ周辺情報が明らかにされていない通貨でもそれだけの時価総額を築く事が出来る。
正に暗号通貨バブルが為せる技だと思いますが、今回の記事で是非学んで欲しいのは、本質を見抜く大切さです。

信頼できる情報をきちんと受け取り、その上で基礎的な判断力を持って暗号通貨を判断する必要があります。
値段の上がり下がりだけでなく、その通貨がどんな意味を持ち、世の中にどんな影響を与えうるか?
その辺りをきちんと判断して投資に取組む必要があると思います。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓