Golem(ゴーレム)とはどんなアルトコイン!?

ゴーレム 仮想通貨

Golem(ゴーレム)とはどんな暗号通貨なのか?

今回はGolemゴーレムについてのご紹介です。
ゴーレムは2016年11月のICOにおいて、開発チームは820,000 ETH (当時のレートで8,600,000ドル以上)を調達しました。

その際に10億GNTが発行され、そのうち82%がICO参加者に、6%がGolem teamに、12%がGolem Factory GmbHに支払われています。
ゴーレム(Golem)は略号がGNTの仮想通貨(暗号通貨)です。

Golem(ゴーレム)の概要

通貨名:ゴーレム
通貨略号:GNT
公開日:2016年11月
発行枚数(上限枚数):10億GNT
取り扱い海外取引所:poloneix/bittrex/liqui
公式サイト:https://golem.network/
ホワイトペーパー:https://golem.network/doc/Golemwhitepaper.pdf

個人のパソコンをスーパーコンピューターに

ゴーレムを簡単に説明します。

個人のパソコンをプロバイダーのサーバーを介さずにP2P(ピアツーピア)で繋ぐ事で、個人のコンピュータリソース、つまり計算能力を世界中でシェアします。
そして「分散型のスーパーコンピュータネットワーク」を生み出す事を目指しています。

ゴーレムのプラットフォームを利用すれば、個人でもスーパーコンピューター並みの計算を実行出来るという訳です。
コンピュータさえ所有していれば、誰でもこのスーパーコンピューターを利用出来ます。

ゴーレムを使うと他の人のパソコンから容量を借りることが出来るので、自分のパソコン以上の力で計算作業を進める事が出来るのです。

基本的にコンピューターの計算能力というのは『CPU』で決まるのですが、世界中で今使われているパソコンに関しては、そのCPUを最大限まで使っているものは殆どありません。
ですのでゴーレムのプラットフォームを利用し余ったCPUリソースを使用する事で、個人でもスーパーコンピューター並みの計算を実行出来るようになるのです。

現在のスーパーコンピューターというのは一つの超高性能なパソコンがあるのではなく、性能がそれなりのパソコンを沢山繋いでいるだけなので、ゴーレムの仕組みはスーパーコンピューターと本質的には同じです。
繋がっているパソコンの数が多ければ多い程、ゴーレムの性能は飛躍します。

世界中のノートパソコイン・デスクトップパソコンは、能力をフルに使う時間は僅かですので、空いた能力をゴーレムに販売し、能力を買いたい人に提供するというシステムです。
そして提供する場合、使われた計算能力に対して使用料が支払われます。

大企業が寡占するクラウド市場

現在クラウドサービス市場はアマゾン、グーグル、マイクロソフト、IBMなどの巨大企業によって支配されています。

これらの企業は市場規模や豊富な資金力にものを言わせて、割高な価格のコンピューティングサービスを提供しています。
各企業でのクラウド事業の売り上げは大きく多大な利益を確保しています。

またこれらの市場は今後益々大きくなると予想されており、このような問題に対しゴーレムの開発および普及が進む事で、これらのコンピュータ市場の価格が安くなる事が期待されています。

しかしながらゴーレムの計算ではデータが誰からも見えるようになってしまう為、プライベート(秘密にしたい)なデータを利用する計算には向いていません。

ゴーレムの特徴

イーサリアムのプラットフォームで構築されており、ゴーレムは発行上限枚数は10億GNTです。

2016年のクラウドファンディングで10億GNTが全部が発行されました。
ICO以降はGNTが発掘(マイニング)出来なくなっているので、マイニングでGNTを得る事は出来ません。
入手したい場合は、購入する必要があります。
ですのでゴーレムにはマイニングから得られる報酬はありません。

またゴーレムの大きな特徴の一つが「プロバイダー」と「リクエスター」という二種類のユーザーの存在です。

プロバイダーとは

使っていないコンピュータリソースを提供するユーザーの事です。
リソースを提供した見返りにGNTを通じて報酬を受け取ります。

リクエスターとは

コンピューティングパワーを購入するユーザーの事です。
リクエスターはプロバイダーから提供されたコンピュータリソースを購入する事で、分散型スーパーコンピューターを利用出来ます。

リクエスターは自分のコンピュータを使いながら、複雑な計算を何千万円〜何億円もするようなスーパーコンピューターと同レベルの計算能力で実行する事が出来ます。

例えば暗号通貨で言うと、ビットコインのマイニングにはスーパーコンピューター並みの計算力が必要になります。
この計算力を普段使っているパソコンで得る事が出来るのです。

ただ複数のパソコンで計算する為、セキュリティや情報漏洩問題を含めた技術的な課題が残っており、開発にはまだ時間が掛かりそうです。

ゴーレムの仕組み

ネットワーク上でタスクを計算したい人がいると、ゴーレムの取引システムは価格、評判、機械のパフォーマンスを考慮して、プロバイダーとリクエスターを照合します。
その後、計算に必要なファイルがプロバイダーのマシンに送信されます。

プロバイダーのコンピューターが計算を終えるとリクエスターのアプリに結果が返信され、結果が確認プロセスに合格した場合、プロバイダーは支払いを受けます。
不正行為をしようとして、悪い結果が送られたり支払いを行わなかった場合、評判が失われ、計算の際に再び選ばれる事は有りません。

このようにしてゴーレム上で計算用のソフトウェア・アプリケーションを誰でも公開出来るようになります。
ただどんなアプリでも大丈夫と言う訳では無く、「役に立った」「よかった」「悪意のあるアプリではない」などとバリデーターとプロバイダーによって審査され、大丈夫だと判断されたもののみです。

ですのでこのアプリはゴーレムの利用者の中で、作業の目的を実行する為にアプリの利用が必要な場合、そのアプリをストアから入手し使用する事が出来ます。
そこで自身が作成したアプリが利用されると、使用料を受け取る事が出来ます。

バリデーターとは?
アプリケーションを安全かつ信頼出来るものとして見直し、自分のホワイトリストに追加する事で認証します。
逆に自分のブラックリストに追加する事で、悪意のあるアプリケーションとしてマークします。
プロバイダーとは?
プロバイダーはどのバリデーターに審査してもらうか選択する事が可能です。
バリデーターの中にも審査がしっかりしている人とそうでない人が居ますので、信頼性の高い人を選択する権利が与えられています。

プロバイダーは独自のホワイトリストまたはブラックリストを維持する事が出来ます。
これによってアプリケーションの審査を柔軟に進める事が出来ます。

ゴーレムの今後

2017年に入り大企業などが暗号通貨の実験に積極的になり、暗号通貨市場全体が値上がりしています。

しかしゴーレムのプロジェクトは壮大なものなので、短期的に実行する事は難しいです。
ですので、長期的な投資としてはかなり期待出来ると思われます。

日本での認知度は低いですが、今後海外のニュースサイトなどでgolemの動向をチェックして頂けると、投資をするチャンスを見つけやすいかもしれません。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓