GXShares(ジーエックスシェアズ) とは~最小限のリスクとコストの取引所~

GXShares(ジーエックスシェアズ) 仮想通貨取引所

GXShares(ジーエックスシェアズ)とはどんな暗号通貨か?

GXShares(ジーエックスシェアズ)の基本情報

通貨名(通貨単位):GXShares(GXS)
最大供給量:100,000,000 GXS
現在の供給量(記事作成時):39,000,000 GXS

公信宝(GXB – Gongxinbao)は、異なるプラットフォームでリリースされたデータソース間のブリッジを設定し、あらゆる種類の組織または代理店間のピアツーピアデータの取引及び共有を実現するように設計されたブロックチェーンベースの分散型データ取引所です。

GXシェアズ(GXShares)はGXBのトークンです。
様々なデータ交換は最小限のリスクとコストでデータを送信し、交換する事が重要になってきます。
そこでGXシェアズは、分散化とブロックチェーンテクノロジーというアイデアを基にしたGXBを作りました。

GXBデータ取引所は取引の行き詰まりなどを解消し、従来のデータ取引の交換をし易くしました。
これらのデータ取引では取引当事者以外の第三者がデータにアクセスする事は出来ません。

現在、発展途上国を中心にインターネット業界、テクノロジー業界などパソコン、スマホを使った経済発展が進んでいます。
しかしながらこれらの成長と共に個人情報、取引情報などの様々な情報は多くの利益を生む為、ハッカーにより盗まれたり、闇市場で売られたりしています。

そしてこれらの情報管理を調査する会社も存在し、その市場はこれからも増えることが予想されます。
様々な国の中でも、特に中国では最近インターネット企業による金融サービスへの参入が活発化しており、コンシューマー向けインターネットファイナンス市場が急成長しています。

急成長の要因としては、
1:中国当局の規制緩和
2:インターネット人口の爆発的成長
3:法規制の明確化
4:金利規制に伴う裁定機会
などだとされています。

インターネットファイナンスの中核的なサービスとして、安全な電子商取引を図るために生まれた第三者決済が有り、世界最大のeコマース企業アリババにおいて利用される第三者決済「支付宝」(アリペイ)の利用者は8億人(登録者ベース)を超え、中国のモバイル決済市場のシェア8割強を占めています。

アリペイのプラットフォームを利用して購入できるMMF「余額宝」は、普通預金と同様の流動性を得ながら、規制金利を上回る利回りを確保する事が可能であるとした事から、発売以来1年で開設口座が1億件を突破し、資産残高は5,742億元(約12兆円)に達しています。

その為中国では銀行預金からインターネット事業者が提供するMMFへの資金流出が加速し、伝統的な金融機関にとって大きな脅威となっています。
インターネットファイナンスの急成長に対して、中国金融当局は消費者保護、リスク管理の観点から規制監督を強化する方針ですが、一方で金融自由化とイノベーション推進の役割を期待しており、今後は既存金融機関も巻き込んでインターネットファイナンスが発展していく可能性が高いとされています。

そこでこれら様々なインターネット上の情報を、GXシェアズでは匿名で保管します。
これらの機能はインターネット金融企業から、政府機関、銀行、およびデータ交換需要のある保険会社にも応用出来るとされています。

GXSの価格

GXSの現在の価格は184円です(2017年10月16日時点)。
取引所へ上場後、価格は上がり下がりを繰り返しながら、9月から一気に価格が上がってきています。

価格はこちらで確認できます。
https://coinmarketcap.com/currencies/gxshares/

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓