リスク(Lisk)とはどんなアルトコイン!?~多くの人にブロックチェーンを~

リスク Lisk 暗号通貨

リスク(Lisk)とはどんな暗号通貨なのか?

リスク(Lisk)の目的

リスク(Lisk)はブロックチェーンを使ったアプリケーションプラットフォームの1つです。
ブロックチェーンを使ったスマートコントラクトの実現の為に開発されました。

スマートコントラクトとは?
スマートコントラクトは契約の自動化です。
ブロックチェーン上に契約の情報を加え、取引が自動で円滑に進む事を助けます。

「ブロックチェーンを使ったスマートコントラクトを実現」と言えば、最も有名なのがEthereum(イーサリアム)です。

イーサリアムはスマートコントラクトを可能にするオープンソースのプロジェクトです。
ユーザーに安全で迅速な取引システムを提供します。

イーサリアムは暗号通貨市場で言うとビットコインに次ぐ第二位の市場を持ち、多くのICOにもプラットフォームとして利用されています。
しかしイーサリアムにも弱点が有り、その一つが使いづらいという事です。

イーサリアムをプラットフォームとした暗号通貨は現在でも多くありますが、その陰では技術が複雑な為にICOの時間が掛かったり、あるいは断念したりする事が有るのです。

リスクはその欠点を補い、より多くの人にブロックチェーンを使ったサービスの提供を可能にするものです。

リスクとイーサリアムの違い

ブロックチェーンのアプリケーションとしてのLisk(リスク)は、イーサリアムと比較してブロックチェーン技術をより効率的に組み込む事が出来ます。

現在のイーサリウムでは、ファイナンシャルトークンとユーティリティトークンの両方がメインチェーン内に存在しています。
ユーティリティトークンに問題が起きた場合、メインチェーンに影響を与えてしまいます。

分かり易い事例に「the DAO(ダオ)事件」と呼ばれるものがあります。
the DAOはイーサリアムのプラットフォームで開発されましたが、そこにバグが有りました。
そのバグを突かれて、当時の価値で約65億円が盗まれました。

そしてこれはイーサリアム全体に影響を及ぼし、Ethereum(ETH)とEhereum Classic(ETC)に分裂してしまう程の騒動を引き起こしました。

その一方でリスクでは、サイドチェーンに対してユーティリティートークンを組み込む形になるよう設計されています。
ファイナンシャルトークンはメインチェーン上に残し、アプリケーション利用の簡素化を狙っています。

言い換えると利用し易さ、つまり開発側の意思が反映されるようにカスタマイズのし易さが重視されています。
もしサイドチェーン上において問題が発生した場合も、メインチェーンには影響が及ばないので安全です。
この事は多くの取り引きを可能にしています。

開発者はサイドチェーン上で自身のトークンを配布する事も出来ます。
またJava Scriptで開発が出来るので、ブロックチェーンに疎い技術者でも容易に順応して開発を始める事が出来ます。

これは技術的な壁によりイーサリアムをプラットフォームとした開発に躊躇していた開発者側に大きく門戸を拡げる事に繋がっています。

リスク(Lisk)の購入方法

リスクは日本の取引所でも手に入れる事が出来ます。

この他にも海外の大手取引所を使って購入する事が可能です。

これらの海外取引所では英語で操作が必要になります。

リスク(Lisk)に関する補足情報

  • 通貨表記:LSK
  • 最大供給量:現在決まっていません
  • 公開日:2016年5月24日

関連リンク

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓