ライトコイン(LTC)とは何なのか?

ライトコイン

ライトコイン(LTC)とは何か?

ライトコイン(LTC)は2011年10月に公開されました。
元Googleのチャールズ・リー(Charles Lee)氏がソースコードの共有サービスである”Github”上で行ったものです。

ライトコイン(LTC)の歴史は他のアルトコインと比較すると古く、プログラムコードもビットコイン(BTC)のコードに基づいて作られています。

よって基本的な仕組みはビットコインと同じです。
しかしその一方で暗号化方式がビットコインとは異なるなど、幾つかの点でビットコインとは異なります。

ライトコイン(LTC)とビットコインの違い

ライトコインとビットコインとの違いは大きく分けて3つの点で異なります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

承認時間の違い

ビットコインの承認時間は約10分ですが、ライトコインの承認時間は2分半です。
利用者のユーザビリティを考えると、これは良い点だと言えます。

また、二重払いの防止にもこの承認時間が短い事は有利です。
セキュリティの面でもビットコインに比べライトコインが上と言われる所以でもあります。

しかし承認時間の短い事が全て良い事だと言う事は出来ません。
悪意の有るハッカーからの改ざんへの対策がやりにくくなるなど、セキュリティレベルが低くなる場合も有るのです。

コインの発行上限の違い

次にコインの発行上限に違いがあります。
ビットコインの発行上限枚数は2100万でライトコインは8400万です。

この発行上限の違いには前述の承認時間の違いが関係しています。
ライトコインはビットコインと比べて約4分の1の時間で承認が済みます。

これはマイニングのシステムを把握すると分かるのですが、ビットコインの4倍の量の新規通貨が発行されるという事です。
ビットコインのインフレ率と同じくする為には、通貨の発行上限も4倍にする必要があるという事です。

マイニングとは?
ビットコイン・ライトコインが存在する為に必ず必要なプロセスです。
これまでの取引の正しさを証明する為にコンピューターに暗号を解かせます。
最も早く暗号を解くと、報酬として新規に発行されるビットコイン・ライトコインが支払われます。
マイニングにより取引が正しく行われる事が担保され、それぞれの通貨に信用が生まれます。

暗号化方式の違い

ライトコイン(LTC)採用している暗号化方式は「Scrypt」と呼ばれるものです。
ビットコインは公開当時「SHA-256」という暗号化方式を採用していました。

「Scrypt」は「SHA-256」に比べ計算が複雑である為、マシンパワーがより必要だったのです。
これは公開当時は画期的でライトコインの価値を高めるものでした。
しかしその後に様々な対策がなされ暗号化方式はライトコインの価値をそれ程高めるものではなくなりました。

またそれ以上にあまり使用されてこなかった暗号化方式の関数を使用しているせいで、今後何らかの脆弱性が発見される可能性があるとマイナス面も見えます。

ライトコインのメリット

ビットコインの問題点としてスケーラビリティの問題があります。
これは一つのブロックのサイズに上限が有る為、取引の数が多くなった時遅延が起こったり、取引手数料が高くなったりする問題を引き起こします。
先日のビットコインとビットコインキャッシュの分裂もこのスケーラビリティ問題の為に起こりました。

ライトコインはその点Segwitというブロックサイズを圧縮する事でブロック内の許容量を増やすという対策を取る事が決定しています。
この点はライトコインのメリットと言えるのではないでしょうか?

しかし、今後ビットコインもSegwitを採用するかまたは別の方法でスケーラビリティ問題を解決する可能性が高いです。
そうなった場合、ライトコイン(LTC)のメリットというものはなくなってしまいます。

ライトコインが売買できる日本の取引所

日本でもライトコインをの売買が出来る取引所があります。
主な取引所をご紹介します。

最近BTC BOXではライトコインん取引が終了しました。
日本でライトコインを手に入れたい場合には上の2つの取引所がメインになってくるでしょう。

この他にも海外の取引所であればライトコインを手にする事ができると思います。

ライトコインのウォレット

暗号通貨、特にライトコインなどのアルトコインの場合購入した取引所のウォレットに入れっぱなしという事も少なくありません。
しかしセキュリティの観点から見るとやはりそれは危険な行為になります。

自分のウォレットを作り、そこに入金しておく方がより安全にライトコインを保有出来ます。
ライトコインを保管出来る主なウォレットをご紹介します。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓