MONERO(モネロ)とはどんなアルトコイン!?~匿名性の高い暗号通貨~

MONERO 暗号通貨

MONERO(モネロ)は匿名性に特化した暗号通貨

暗号通貨の中の1つにMonero(XMR)という暗号通貨があります。
Moneroはビットコインよりも匿名性に特化した暗号通貨です。
今回はこのMonero(XMR)という暗号通貨について書いていきます。

MONERO(モネロ)の由来

Moneroは、エスペラント語で「コイン」という意味があります。
2014年から開始された比較的新しい通貨で、通貨単位は「XMR」です。

供給量の上限は18,400,000XMR。
現在の価格は1XMR=11415円です。(2017年9月5日時点)

Monero(モネロ)の特徴

Moneroの特徴の1つが、匿名性の高さです。
ビットコインの場合は、ブロックチェーン(ビットコインの取引帳簿)に取引が記載され誰でも閲覧が可能になります。

ビットコインの取引の記載は「どのビットコインアドレスが他のビットコインアドレス宛にどのくらい送ったか」というものが分かってしまいます。
ですので「ビットコインアドレス」がもし特定の人物と紐づいた時には取引記録が全てその個人と紐づいてしまう、という危険性が有ります。
(実店舗決済をした場合は販売業者に支払う側の個人の顔とビットコインアドレスは紐づいてしまう、などの可能性)

しかしMoneroでは閲覧と送金用の二つのアドレスを保有しており、アドレスはマスターキーのような役割を果たし、送金を行う度にマスターキーがランダムなワンタイムアドレスを生成します。

送金を行う際にはこのワンタイムアドレスを使用します。
取引を行なった履歴はワンタイムアドレスが履歴になる為(グループの公開鍵を束ねて利用しているので)外部からの追跡が出来ません。

この技術はCryptoNightというもので匿名性に特化したプロトコルで「Bytecoin」というコインのソースコードを元にしています。
このようにMoneroの取引履歴は一般的に暗号されており、「閲覧用の秘密鍵」を持つ人しかその取引履歴を見る事が出来ません。

そして、Moneroアドレスは4から始まる95文字の文字列でビットコインの27~34文字の文字列に比べるととても長くなっています。
同じように匿名性の高さで人気の暗号通貨に「Z-cash(ジーキャッシュ)」があります。
MoneroとZ-cashの違いは”Z-cashの取引履歴内容の全てを暗号化できる”と言われていることです。

そしてもう一つMoneroとよく似た暗号通貨で匿名性の高いDASHという暗号通貨がありますが、DASHとMoneroの違いはDASHは取引をミックスするのに対しMoneroは取引を分解するという違いです。

MONEROの特徴の2つ目が高速取引です。

モネロの場合、およそ2分程度で取引が完了します。
更にブロックサイズの制限がないのも特徴です。

そして3つ目のMoneroの特徴はマイニングが簡単な事です。
マイニングとはコインを採掘する作業で、新規取引のデータを追加します。
詳しくは以下の記事を御覧下さい。

ビットコインのマイニングとは何か?(ブロックチェーンラボ)

ビットコインのマイニングは有名ですが、非常にハイスペックなマシーンが必要になります。
一方のMoneroは一般的なパソコンでもマイニングが可能です。

Monero(モネロ)の今後

Moneroの価格は2016年の夏頃に高騰しました。
その背景にはアルファベイがモネロに将来性を感じ、支払い手段として採用した事が大きな要因となっています。

アルファベイとはダークマーケットです。
違法薬物や銃器などを販売していましたが、2017年7月に米国司法当局を中心とした世界的な取締により閉鎖されました。

このようにMoneroは匿名性が高い事から、犯罪組織に利用される危険性もあります。
がその反面、捉え方次第では多くのメリットもあります。

ビットコインの実店舗決済が増えるにつれてビットコインの透明性は問題が生じます。
先ほど挙げたように顔とビットコインアドレスを販売業者が紐づける事を可能にしてしまうかもしれません。
勿論ビットコインアドレスを一度きりの使い捨てにするなどしてリスクを抑える事は出来ます。

しかしビットコインの場合を考えると匿名性の高さは暗号通貨にとって非常に重要になってきます。
そのためプライバシーを保護する匿名性を持つ通貨は実は注目されているのです。

法律がMoneroをどう扱うかにもよりますが、匿名性の高い暗号通貨の需要はここ数年で急激に伸びており、その流れは今後も続くとされています。
どの通貨が伸びを見せるかは解りませんが、資産を分散させておくのもありですよね。

Moneroの購入方法

現在日本で最も簡単に入手する方法は日本の取引所を利用する方法です。
ビットコインからではなく、日本円を入金して直接MONEROを購入する事が出来ます。
最も有名なMONEROを取扱っている取引所はCoinCheckです。

購入する場合には注意が必要です。
CoinCheckの場合海外の取引所と比較して、価格が高くなっています。
より割安で購入する為にはビットコインを購入後海外の取引所で購入する必要があります。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓