ネム(NEM)そして基軸通貨XEM(ゼム)とは?

NEM(ネム)とは何か?

NEMは暗号通貨の一種です。
そこで使われる通貨はXEM(ゼム)といい、国内の取引所でも取引が行われています。
将来性のある暗号通貨として注目されています。

元来New Economy Movement(新しい経済運動)という意味でその略称としてNEMと呼ばれていました。
現在はその略称ではなくNEMという固有名詞であるとされています。

NEMの目的は「金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出」です。

ビットコイン2.0の1つであるNxtを改良するプロジェクトとしてNEMが始まったのが2014年1月19日です。
bitcointalk.orgのフォーラムにてutopianfutureというハンドルネームの人物により企画が持ち上がり、2015年3月31日に公開される事となりました。
公開当初から日本でも割りと知られていて、開発チームの1人に日本人がいた事も関係しているのかもしれません。

NEMで使用される通貨XEMの発行上限数は8,999,999,999XEMで、これは最初からその全てが発行されていて永久に変わる事はありません。
つまりビットコインのように新規発行された通貨がマイニングよって渡されるという事はありません。
XEMを得る為にはPoI(Proof of Importance)という独自のアルゴリズムによって行われるハーベスティング(収穫)という形で分配されています。

XEM(ゼム)のハーベスティングとは?

プルーフ・オブ・インポータンスと呼ばれるアルゴリズムにより運営されているNEMですが、簡単に説明するとネットワークに対してより「重要度」を持つユーザーがブロックを生成し、報酬を得る事が出来る仕組みです。
この報酬を得る事を「ハーベスティング(収穫)」と呼びます。

「重要度」とは複雑な計算によって決まっていますが、その人がどれだけNEMを保有しているのか(アカウント残高)、そしてそれをどれだけ使用しているのか(取引量)によって主に決まってきます。
つまりNEMネットワークにどれだけ積極的に参加するかで報酬(XEM)が決まってくるという事です。

NEMの良い点

プルーフ・オブ・インポータンスを採用しているからこその良い点がNEMにはあります。

電力を使わない

まずビットコインやイーサリアムと比較して電力をあまり消費しないという事です。
ビットコインを維持する為の電力消費量は、将来的には一国の電力消費量をも上回ると言われています。
ハイパワーのマシーンを多く使えば、それだけ多くの報酬を得られるビットコインです。

一方ハーベスティングには高機能なマシンを使う必要はありません。
家のパソコンで10,000をウォレットに入れれておけばハーベスティングにより報酬を得る事が出来ます。

セキュリティが高い

NEMではEigenTrust++というノードの重要性を決める為のアルゴリズムを採用しています。
悪意を持ったノードが参加する事が難しくなるのです。
それによりネットワークのセキュリティが大幅に強化されています。
他の暗号通貨にはないユニークな特徴です。

さらに局部的スパム防止の手法を用いています。
ネットワークの処理能力が限界になると、悪意のあるノードだけをシャットダウンする事が出来ます。

他にもアドレス情報等を保管するクライアントネットワークに接続するノードを分ける事で、ウォレットの安全性を高めている事なども挙げられます。

NEM(XEM)のウォレット

NEMには公式のウォレットがその機能に分けて3つ存在します。

  • Nano Wallet
  • NCC
  • モバイルウォレット

それぞれデスクトップパソコンで使う場合、スタンドアローンで使う場合、携帯端末で使う場合と用途が異なります。

ウォレットには様々な機能が実装されていて、そこも他の通貨と異なる部分です。

ユーザー独自通貨発行(Namespace/Mosaic)

Mosaicとよばれる独自通貨を発行する事が出来ます。

メッセージ送信機能

ブロックチェーンを利用して短いメッセージを送信する事が出来ます。
このメッセージは誰でも読める形にも受信者しか読む事が出来ない暗号化された形にもする事が出来ます。

ハーベスティング

ビットコインでいうマイニングをXEMをウォレットに入れておくだけで行う事が出来ます。
上述のNCCはブラウザで動くタイプのウォレットです。
ここに10,000XEM以上を入れておくとハーベスティングが可能になります。

因みに10,000XEMウォレットに入れておくとハーベスティングが始まるまで約40日掛かるようです。
ウォレットに入れるXEMの量を増やせばそれだけ早くハーベスティングが始まるようになります。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓