暗号通貨ネオ(NEO)とは何なのか?

暗号通貨ネオ(NEO)

NEOとは何か?

NEOは最近注目を浴びている暗号通貨の一つです。
しかし日本ではあまり有名ではありません。

その反面世界の暗号通貨業界では最近最も話題になっていた暗号通貨です。
今後大きな成長が見込めるアルトコインとして今後も目を離せない存在になりそうです。

NEOは中国が初めて手掛けたオープンソースのブロックチェーンです。
運営会社自体は2014年に設立されており、ICOの開始が2015年、公開は2016年に行われました。

元々アントシェアーズ(ANS)という名称でしたが、2017年6月に名称変更が行われNEOに変わりました。
変わった直後は大手暗号通貨取引所のBittrexでもANSの表記のままでいましたが、最近ではNEOと表記されるようになりました。

NEOは様々なものを組み合わせた分散型ネットワークになっています。
デジタル資産・デジタルアイデンティティ・スマートコントラクト全てが複合的に組み合わさり、将来の経済インフラを目指し様々な独自の技術を持っています。

NEOが目指すのは「スマートな経済」です。
資産をデジタル化して、スマートコントラクトと分散型ネットワークを使うことで資産を管理する事を目指します。

スマートコントラクトとは?
様々な専門家がそれぞれの見解について述べる為、一義的なものではありません。

暗号通貨において「スマートコントラクト」が使われる場合は、条件とその成果を暗号化したプログラムとなります。

簡単に言ってしまえば、AとBの間において「有る約束事を果たした時にAからBへ報酬が支払われる」という契約が行われたとします。
この契約の履行から報酬の支払いまでが自動的に行われる事を「スマートコントラクト」と呼ぶ事が多いようです。

ネオ(NEO)の何が凄いのか?

ネオが注目される理由は幾つかあります。
ここを抑えておくだけで、NEOのほぼ全てが理解出来るかもしれません。

様々な暗号通貨の良いとこ取り

暗号通貨ネオ(NEO)に何が出来るのか?

この質問の答は実に簡単です。
最近の暗号通貨に取り入れられたアイデアのほぼ全てを行う事が出来ます。

例を挙げてみます。
スマートコントラクト、ソーシャルネットワーキング、自動トークン流動性プロバイダ、分散型交換、データ交換市場、知的財産取引市場、予測市場、広告市場、ハッシュパワー市場、ネオガス市場。

やりたい事を全てNEOで完結出来るという事がNEOの凄さの一つです。

NEOのトークン

NEOには2つのトークンがあります。

トークンって何?
トークンの意味は一義的なものではありません。
多くの場合「ブロックチェーン上で発行された独自コイン」をトークンと呼びます。

BTCなりETHなり今回紹介したNEOもトークンの一つです。
トークンのタイプは大きく分けて2つあります。
マイニングなどにより供給量が徐々に増えていく”カレンシータイプ”と株式のように発行者が供給量を決める事が出来る”アセットタイプ”です。

ICOなどの場合独自のトークンを発行する事で資金調達を行います。
ブロックチェーンを使った場合容易にトークンの発行を行う事が出来る為、新しい資金調達として注目されています。

NEOのトークンは2つ存在します。
NEOとNeoGas(以下GAS)です。

NEOの発行上限は決まっており最大1億NEOが発行されます。
その内の5000万は資金調達の際に配布されました。

残りの5000万トークンはどのように使われるのか?
現在NEOのトークンはロックアウトが行われています。
その期間(2017年10月16日まで)は新たなトークンの発行は行われません。

ロックアウト後のトークンは以下のような使い途で使われる事が予定されています。

1,000万トークン:NEO開発者やNEO理事会のメンバーへ
1,000万トークン:NEOエコシステムの開発者へ
1,500万トークン:NEO理事会が所有し、NEOプロジェクトにのみ使用される他のブロックチェーンプロジェクトへ使用
1,500万トークン:不測の事態に備える為

これらのトークンは原則として年間1,500万トークンまでしか使用出来ません。

一方のGASも上限は1億GASです。
既に発行されているものではなく、新しいブロックが作られる毎に発行されます。
約22年で上限の1億GASに到達する予定です。

ブロックの生成はビットコインが約10分に1回ブロックが発生するのと比べて15~20秒で発生します。
予定では約22年で1億GASに到達します。

これらのトークンの仕組みもこれまでの暗号通貨と比較しても面白い仕様になっているので、NEOの良さの一つと今はなっています。

中国政府の後押し

日本に比べると中国は圧倒的にキャッシュレス社会が進んでいます。
この原因の1つとして、中国政府の後押しがあると考えられます。
中国の場合偽札の問題などがある為、国家ぐるみでキャッシュレス社会を目指す動きが有るのです。

アリペイやウィーチャットペイなどが盛んな事もこの事が原因です。
スマホ決済は日本が6%である一方中国では98%も進んでいると言われています。

ブロックチェーンもまたキャッシュレス社会にはとても馴染みやすいものです。
NEOは初の中国発ブロックチェーンですので、国家の後押しがある事も考えられ今後伸びていく可能性があると言えます。

様々にある背後の技術

これらだけではありません。
NEOには様々な技術が盛り込まれており、更に国が絡む事で安全かつ法的に拘束力の有る方法でブロックチェーンの確立を目指しています。

複数のデジタル資産をサポート・デジタル証明書を使っての法的保護・超電導トレードメカニズムによる円滑な取引等々先進的な技術がNEOには盛り込まています。
これが今後NEO(ネオ)が伸びていくと思われる理由になっているのです。

暗号通貨ネオ(NEO)まとめ

実はこのNEO(ネオ)はブロックチェーンラボが紹介して直後から2倍以上価格が上がりました。
日本では本当にマイナーな暗号通貨でしたが、世界の暗号通貨の中でもかなり注目されているものの1つという事が出来ると思います。

今後の動きにも注目ですが、かなりポテンシャルの高い暗号通貨という事が出来ると思います。

創業者との豪華対談

2017年最注目暗号通貨”NEO”の創業者との豪華対談

2017年8月10日ミートアップ

暗号通貨界の巨人”NEO”と共同でMeet Up動画

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓