Steem(スチーム)とはどんなアルトコイン!?~SNSユーザーに報酬を~

STEEM 仮想通貨

Steem(スチーム)とは?

Steem(スチーム)の概要

通貨名:スチーム(Steem)
通貨略号:STEEM
公式サイト:https://steem.io/

スチーム(Steem)は、略号がSTEEMの仮想通貨(暗号通貨)です。
取引承認システムはPoW(プルーフオブワーク)を採用しています。

SteemはコミュニティサイトSteemit.comへ優良コンテンツを集める事を目的に開発されています。
その為ビットコインなどと同様に市場で流通する通貨Steem以外に、優良投稿者に支払い、サイト内でのみ流通する通貨Steem power(SP)とSteem Dollars(SMD)という合計3種類の通貨を発行しています。

スチームの発行限度額は他の暗号通貨のように決まっていません。
優良コンテンツの投稿がある限り発行が続くという方式になっているのです。

3つの異なる通貨

上記の3つの通貨はそれぞれ役割が異なりますが、連動しているので覚えておいたほうが良いでしょう。
では3種類の通貨の説明をしていきます。

  1. STEEM
    STEEMは、Steemブロックチェーンの基本的な単位で、Steemit内でベースとなる暗号通貨です。
    年間100%ずつ発行量が増えていきます。
    STEEMは他の暗号通貨と同様に市場に流通していて取引所で売買できます。Steemプラットフォームの利用者は、STEEMを購入する必要があります。
    しかし STEEMは、そのまま所有していると1日当たり約0。19%ずつ価値が下がっていくので、1年で価値が半減します。
    ですので購入した後はSTEEMをSPEまたはSMDに変換する必要があります。
  2. Steem Power(SP)
    Steem Power(SP)はsteemitを利用するために必要な暗号通貨です。
    Steemit利用による報酬の50%はSteem Powerによって支払われます。SPを利用する際、SteemからSPに両替して使う事になります。
    いつでもユーザーはSTEEMをSPに変換する事が出来ます。

    STEEMからSPへの移行は「パワーアップ」と呼び、SPからSTEEMへの移行は「パワーダウン」と呼ばれます。
    ここで注意して頂くことがあります。
    Steem→SPの両替は直ぐに出来ますが、その逆のSP→Steemへの両替には制限があります。
    週に一回、しかも所有量の104分の1ずつしか両替出来ません。

  3. Steem Dollar(SMD)
    Steemit利用による残りの50%の報酬はSteem Dollars(SMD)によって支払われます。
    Steem Dollarsは1ドル分のSteemに価格が固定されており、Steemに変換する事が可能です。つまりSteem DollarsをSteemに変換して売却する事で現実の報酬を得る事が出来ます。
    SMDはSPとは異なり、自由に送信することが出来ます。

3つの通貨の関係はこのようになっており、他の暗号通貨とは大きく異なります。
Steemは価値が落ちていき、Steem PowerとSteem Dollarsは利子が付くという特徴もあります。

Steemの価値が落ちるのは供給量が定期的に増えていく為です。
こうした仕組みにしているのは、Steemit内での流通量を増やし短期的な売買を抑制する狙いがあります。

STEEMの活用方法

Steemはソーシャルメディア業界には存在しなかった、コンテンツ制作者やインターネット読者に収益を上げる機会を提供しています。
SNSのコミュニティに貢献している人に正確かつ透明性のある報酬を与えるという初の試みです。

ソーシャルメディアであると同時に、公正な会計システムでもあります。
簡単に表すと「ユーザが報酬をもらえるReddit」です。

Reddit、Facebook、Twitterなどの様々なソーシャルメディア企業は、ユーザーが作成したコンテンツによって、数千億円以上の価値を創出していますが、これらの企業はユーザーが作成したコンテンツに対して報酬を払う事は有りませんでした。

そこでスチームはこういった価値創出に貢献しながらも報酬が支払われていない人達にも適正な報酬が分配されるようにする事を目的としています。

スチームのユーザーはブログ形式で記事投稿を自由に行う事が出来ます。
その投稿者の記事に対して、他のユーザーはコメントや投票を行います。

自分の書いた記事が多くのコメント、投票により評価を受けると評価の高さに応じた報酬を得る事が出来るのです。
つまりコンテンツを投稿しても他のユーザーから評価されなければ報酬は得られません。

また投票した側も報酬が受け取れます。
投票する側はSteem Powerによって投票の価値を変更できるようになっており、投票量や投票までの時間によって報酬が決まります。ス

スチームは小額からの支払い(マイクロペイメント)が可能な為、投稿に対してコメントするといった従来は貢献とみなされなかったような事に対しても報酬を払う事が出来るようになっているのです。

STEEMの入手方法

Steemの入手方法は3つあります。

1つ目は暗号通貨の取引所で購入する方法です。
現在のところ日本ではSteemの取り扱いをする取引所はありません。
海外の取引所を使う事になります。

Steemを取り扱う取引所をご紹介します。

  • Polonie(ポロニエックス)
  • Kraken(クラーケン)
  • Bittrex(ビットレックス)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • Open ledger(オープンレジャー)

2つ目はSteemit.comに接続し投稿して、報酬としてSPとSMDを受け取る方法です。
その上で機会を見てSteemに交換します。
しかし残念ながら日本語での投稿では高い評価を得る事は難しいかと思われます・・・・

3つ目は投稿に対して投票する事で報酬を貰う方法です。
この投票は持っているSP数によって票数としてカウントされます。
またより早く投票した人がより多く報酬を貰えるシステムになっています。

こちらで紹介した入手方法の2番目と3番目は英語のスキルがある程度求められるかもしれません。

STEEMの価格

SteemのチャートはCrypto Currency MarketやCoinGeckoなどで確認できます。
現時点でのスチームの価格は121円(2017年9月21日)です。
https://coinmarketcap.com/currencies/views/all/

2016年の夏に価格が上昇し時価総額で3位に付けたこともあります。
その時は約200円まで価格が上がりました。

以上、今回はSteem(スチーム)に関して説明を行いました。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓