Zcash(ジーキャッシュ)とは

ジーキャッシュ Zcash

増えていくアルトコイン

暗号通貨の社会的な認知度の高まりと共に、ビットコイン以外の新しい暗号通貨が続々登場しています。
その数は1000種類以上もあるとか。

ビットコイン以外の暗号通貨はアルトコインと呼ばれ、Ripple(リップル)・Litecoin(ライトコイン)・MonaCoin(モナーコイン)・Ethereum(イーサリアム)などが有名です。

今回はそのアルトコインの中の1つで、2016年10月28日に公開されたZcash(ジーキャッシュ)についてお届けします。

Zcash(ジーキャッシュ)とは

Zcash(ジーキャッシュ)が生まれた経緯

Bitcoinで採用されたブロックチェーン技術は、日本円などの従来の通貨に比べて高い匿名性を実現していますが、Bitcoinには「ビットコインアドレス」という持ち主を区別するコードが個人に割り当てられています。

そのコードで現実の誰がBitcoinを所有しているのか特定できない一方、誰かがそのBitcoinを持っている事までは分かる為、個別の取引情報を完全に隠す事は出来ませんでした。

つまりブロックチェーン技術を利用する取引では、暗号通貨を所有している事を証明する固有の文字列を使って情報のやりとりを行い、取引履歴は公開される為、誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなければなりませんでした。

そこで登場したのがZcash(ジーキャッシュ)です。

完全な匿名性を実現するZcash(ジーキャッシュ)

Zcash(ジーキャッシュ)は取引を追跡出来ない完全な匿名性を実現した暗号通貨です。

ブロックチェーンに加え、各取引の暗号通貨の量・送信者・受信者を非公開にした状態で送金処理が可能になっています。
このZcash(ジーキャッシュ)に使われているのが「ゼロ知識証明」です。

「ゼロ知識証明」とはある命題が正しいことを証明する場合、相手に「その命題は正しい」という事以外は何も伝えずに示す方法です。

ですので取引する暗号通貨の量を非公開の状態で決済を可能にし、取引の追跡を不可能にする仕組みです。
要するに「完全非公開」で取引が出来るのがZcash(ジーキャッシュ)です。

Zcash(ジーキャッシュ)とビットコイン

そして、Zcash(ジーキャッシュ)は第二のビットコインと言われています。
その理由はビットコインと似ているところが3点あるからです。

  1. 発行数量が2100万枚で同じ
  2. 半減期が4年に1回
  3. トランザクションの合意の方法が同じ

3つ目にあるトランザクションの合意方法には、プルーフオブワーク(POF)というブロックチェーンの承認方法が用いられています。

このZcash(ジーキャッシュ)は海外では一部の大手メディアが取り上げるなど、Zcashの高いプライバシー保護の特徴が注目されています。
ZcashはPoloniex、Kraken、Coincheckなどの取引所に上場しています。

またZcash(ジーキャッシュ)の持つ技術である「ゼロ知識証明」は、JPモルガンが世界最先端の技術と称賛しており、ジーキャッシュと提携する事で、自身のプラットフォーム(Quorum)にプライバシーの技術を取り入れる予定だと発言しました。

Zcash(ジーキャッシュ)の危険性

ここまで匿名性の高い暗号通貨が出来てしまったら「犯罪に使われてしまうのでは?」と思ったかもしれません。
実は既にダークマーケットで利用されているのです。
ダークマーケットはいわゆる闇市場のようなもので、銃や麻薬などの売買が違法に行われています。

なかでもAlphaBay、TheRealDeal、Silk Road 3.0は世界三大ダークマーケットと呼ばれており、このような闇市場でZcashのような匿名性の高い通貨が決済手段としてよく利用されているのです。

実際に闇サイトで有名なアルファベイにて2017年7月1日より使用され、アメリカ政府が厳しく取り締まりました。
ビットコインの場合、犯罪やマネーロンダリングに使用されたとしてもブロックチェーン上に公開されている為、現金化する際にどこの誰か身元が分かってしまいます。

しかしZcash(ジーキャッシュ)の場合、高い匿名性の為、これらに使用されても追跡する事はとても困難です。
この匿名性の高さはサイバー犯罪を加速させてしまう可能性もありますので、国から規制が入る事も考えられます。

Zcash(ジーキャッシュ)への投資は?

Zcash(ジーキャッシュ)への投資について考えて見たいと思います。

これまでZcash(ジーキャッシュ)以外にも、MoneroやDashのような秘匿性の高い暗号通貨が高く評価されており、どれも人気があります。
秘匿性へのニーズが無視出来ないものである訳ですから、ZECの相場がこれからも上昇していく可能性はあります。

しかし2017年7月1日から三大ダークマーケットの一つであるアルファベイがZcashによる決済受付を開始した事などを考えると、匿名性の高さが原因で闇取引の決済に利用されたり、送受信者が不明なので税金の徴収ができないという問題が起こってしまいます。

この為Zcash(ジーキャッシュ)が国や世界単位で規制、または禁止される可能性が将来的にも考えられるので、購入するかしないかという点に関しては慎重に自分の判断で行う必要があります。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓