ビットコイン取引所とウォレットの違いとは

ビットコイン取引所とウォレット

最近色んな場所で話題になっているBitcoin(ビットコイン)ですが、ビットコインを初めて購入しようとする方から来るよくある質問が『ビットコイン取引所とウォレットの違い』です。

「自分が今使っているのは何?!」
「違いがよく分からない!!」

そんな方々の為に、今回は取引所とウォレットの違いについてお届けします。

取引所とは

取引所とはビットコインを「買いたい・売りたい」という方達が集まっている場所です。
実店舗がある訳ではなく、インターネット上でやり取りされています。

そこでは今現在の価格でbitcoin(ビットコイン)が取引されており、「どのくらいの」ビットコインを「いつ買うか」が決められます。
取引所はビットコインを実際に買う事が出来る場所です。

取引所でのビットコインのやり取りは株式の売買に似ています。
「ビットコインを買いたい人」「売りたい人」がそれぞれ注文を出し、価格が一致する時に取引が成立するという方式です。

取引所を使い、ビットコインを手にするまでの流れとしてはこのような感じです。

お金(円)を取引所に預ける ⇒ 預けたお金(円)でビットコインを購入する

購入されたビットコインは取引所内に保管され、そこから送金や再度売却を行うなどする事が出来ます。

ウォレットとは

ウォレットとは一般的に財布を意味しますが、正に暗号通貨を保管する場所です。
暗号通貨の場合は金庫の役割も果たします。

ウォレットには様々な種類のものが有ります。

  • デスクトップウォレット(パソコン上の財布)
  • ウェブウォレット(Web上の財布)
  • モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)
  • ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)
  • ハードウェアウォレット(ビットコインの保管専用の端末)

等が代表的なものになります。
ハードウォレット以外のものはほぼ無料で作成する事が出来、個人的にビットコインを保有する為に作成されます。

よく「どうして取引所と別にウォレットを作らなきゃいけないの?」という質問をされますが、それはセキュリティ面の問題があるからです。

日本で起こったビットコインの事件として最も有名な「マウントゴックス事件」を例に取ると分かり易いでしょう。
当時世界一の取引量を誇ったマウントゴックスが、2014年に65万ビットコインと28億円を消失したとして破綻しました。

当初はハッキングを受けて顧客資産が流失したと発表がありました。
しかしハッキングにより消失したビットコインは一部に過ぎず、大部分がマウントゴックスの代表が横領していた可能性が高い事がその後判明したのです。

この時取引所に口座を持ち、ビットコインを預けたままにしていた取引所利用者のビットコインは正に消えて無くなりました。
しかしもしその時に取引所のコインを自分のウォレットに移しておけば、ビットコインが無くなる事は無かったのです。

取引所にビットコインを預けたままで保管するという事は、取引所で起こりうるリスクも一緒に抱え込む事になります。
個人のウォレットを作成する事でそのリスクを避ける事が出来るのです。

暗号通貨を資産として保有する場合は、取引所とは別に個人のウォレットを用意しておく必要があります。

ウォレットは安全なのか?

個人のウォレットの必要性は説明しましたが、そもそもウォレットは安全なのでしょうか?

一般の通貨の場合、銀行に預けておく事が多いと思いますが、この時セキュリティに関しては銀行に任せる事になります。
しかし暗号通貨の保有は各個人がセキュリティに気を付ける必要が有るのです。

ウォレットはそれを見越して様々なセキュリティ対策が施されています。
ウォレットの種類によって、セキュリティの強さは異なります。
詳しくはこちらの記事を参考にされて下さい。

ビットコインウォレットの選び方・使い方大全集

ここでは一般的な説明をします。

ウォレットの作成の際に必ず必要な作業が「キーワードの保存」です。
ウォレットによりキーワードは日本語の場合と英語の場合があり、12~15程の単語が選ばれます。
このキーワードと順番をメモに取っておく必要があります。

このメモは大事なものですので、大切に保管しておかなければなりません。
キーワードを保存したメモがあれば、何らかのトラブルが発生した時も対応が出来ます。

例えばウォレットのアプリを入れていたスマホを紛失したとしましょう。
スマホと共にウォレットに保管していたビットコインも無くなるかと言えばそうではありません。
キーワードさえあれば、ウォレットを新しいスマホに復元する事が出来るのです。

スマホ以外のウォレットにも同じ事が言えます。
ウォレットを無くしてしまっても、キーワードがあれば復元可能です。

逆に言うとキーワードを盗まれるとウオレット毎盗まれる可能性があるという事です。
メモの保管にはに慎重になる必要があります。

取引所とウォレットの違いのまとめ

ここまで取引所とウォレットの違いを説明してきました。
ビットコインに限らず、暗号通貨を保有する際には必ずウォレットは必要になってきます。

取引所は暗号通貨を手に入れる為には必ず利用する必要がありますが、第三者の手が入ってくるという事でリスクが必ず付いてくるのです。
そこをきちんと理解しておく必要があります。

暗号通貨を資産として保有する場合は、個人でのセキュリティの意識を高めておく必要があります。
自己責任の世界でもありますので、人任せにせず自ら学び、正しい知識を身に付けましょう!