ビットコインをマイニングとは何か?その仕組みとは?

ビットコイン マイニング

ビットコインを手に入れる方法

最近、その価格の高騰が度々話題になるビットコインですが、このビットコインを手に入れる方法は2つあります。

1つが円やドルと交換するという方法、2つ目が採掘(マイニング)という方法があります。

① 円やドルと交換してビットコインを手に入れる
海外に旅行に行く際などに、旅行先の通貨に両替するように、円やドルなどとビットコインを交換する事で手に入れる方法です。

② ビットコインを採掘(マイニング)する
ビットコインは採掘(マイニング)という方法により、ビットコインを手に入れる方法があります。

マイニングとは?

ビットコインは性質上、全ての取引記録を一定期間ごとに取引台帳に記録をします。
それらを処理するには、ネットワーク上に分散されて保存されているデータをコンピューターによる計算で実現していきますが、この作業には非常に莫大な計算量で必要になります。

そこでビットコインでは、これらの作業を世界の各地のビットコインのマイニングをやりたい!と思っている方々のパソコンでビットコインの運営に必要な計算を行っています。

この作業を行ってくれた方への見返りとしてビットコインが支払われます。
これが「ビットコインマイニング」と呼ばれるものです。

つまり簡単に言えば、金山があり、金山で金を掘って見つけてくれた方へのお礼がビットコインである。
というようなイメージでしょうか。

ですので、例えばビットコインの取引、「AさんからBさんに1コイン支払った」というようなものは取引として記録されます。
これらの取引記録が合っているかなどを計算しているのがマイニングです。

これらの状況はリアルタイムで見る事が出来ます。
https://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions

マイニングをするメリットとは?

このマイニングという作業の手伝いをしてくれた方々、つまり追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。

つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるように動いてくれた方への報酬として、ビットコインが支払われるのです。

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。

また通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。

マイニング報酬はいくらか?

このマイニング(採掘)で貰える報酬は、50BTC/10分/1人でスタートし、およそ4年毎に半減していくシステムです。
ですので、ビットコインができた当初は50BTC、2012年11月に半減して25BTCになり、2016年6月にはさらに半減して12.5BTCです。
こうして発行の上限である2100万ビットコインに達するという事です。

こんなに貰えるのならば家にあるパソコンでマイニングをしてみよう!

と数年前までは思えていたかもしれませんが・・・今は厳しいです。

ここまで世界的にビットコインが注目される前なら、家にあるノートパソコンや一般家庭にあるようなパソコンでも問題なく採掘作業ができましたが、今では多くの方や会社が参加しており、採掘が難しくなっているのと、時間の経過とともに複雑な演算が求められるようになっており、その為スーパーコンピュータレベルでないと解けないようになっています。

ですので、一般的に使われるパソコンでは採掘作業を始めようという方は赤字になって終わってしまう可能性が高いです。
また、パソコンをずっと起動させたままですので電気代も嵩みます。

つまり

  • 高スペック、高額なマシン
  • 高額な電気代
  • ビットコインの発掘をビジネスで本業とする会社など競合

これらを考えると「採掘」が誰にでもできるというのは今は難しいのではないでしょうか。

初心者におすすめのマイニング

それでもマイニングをやりたい!という方に初心者にもおすすめのマイニングツール「MINER GATE」をご紹介します。
MINER GATEは初心者でも使いやすくなっており、パソコンの画面を見ながら操作ができるマイニングツールです。

MINER GATE(URL:https://minergate.com/

こちらでは個人的にマイニングを行いたい方へオススメです。

しかし上記にも話したように多くの人や会社がマイニングに参入してきているので、個人でマイニングをして利益を出す事は難しくなってきています。

現在では、「クラウドマイニング(プールマイニング)」と呼ばれる、多くのユーザ(ビットコインのマイニングをしたい人たち)で協力しあい、複数のコンピュータをインターネットによって接続し採掘する方法も登場しています。

その中でも世界大手であるのがクラウドマイニング会社、ジェネシス・マイニング(Genesis Mining)です。
https://www.genesis-mining.com/

この会社のCFOとの対談についてまとめたページがありますので、こちらもチェックして見て下さいね。

マイニング世界最王手”ジェネシスマイニング”CFO マルコ・クロン

ビットコイン以外のマイニング

勿論、このマイニングという作業はビットコインに限られたものではありません。

ビットコイン自体は世界的に有名になり、マイニングを行う人々(採掘者orマイナー)も増えた為、利益を出す事が難しくなっていますが、アルトコインと呼ばれる、Bitcoin以外の仮想通貨の採掘はあります!

ビットコインに比べるとまだ利益を出す事も可能ですが、Bitcoin以外の仮想通貨であるアルトコインは知名度が低く、流通量も少ない為突然使えなくなる、価値がゼロになってしまうというリスクがあります。

その逆で、今は知られていないうちに採掘しておいたものが、ビットコインのように知られるようになり、値段が上がり、採掘してアルトコインの価値も上がるという事も考えられます。

マイニングで気をつける事

他にもビットコインはパソコンだけでなくiphoneやandroid等のスマホでも、専用アプリをインストールすれば採掘が出来ます。
Mycelium Wallet、Bitcoin Billionaire、Bitcoin Map、Free Bitcoins、Bitcoin Checkout等です。

ただし無料マイニングアプリを使うと、ユーザーが知らぬ間に採掘が実行されてスマホ端末が熱を持ったり、スマホ自体寿命が短くなったり、バッテリーが大幅に減少する原因になりますので注意して下さい。

他にもビットコイン採掘ウイルスと呼ばれるものも出てきています。

日本でもニュースになった事からご存じの方もいらっしゃると思いますが、よく分からない、信頼出来ないサイトからダウンロードする事でウイルスに感染してしまう場合もあります。

モバイル端末上の財布にはペーパーウォレットとハードウェアウォレットがあり、盗難リスクやハッキングの懸念性を考慮すると、パスワードや承認システムで厳重に保護されているハードウェアウォレットがセキュリティに優れていておすすめです。

しかし、何事にもリスクはあります。
様々なリスクを考えた上で、これからの仮想通貨を念頭におきマイニングをするという事が大切になってくるかと思います。

しかし日本は世界の中でも電気代が高い為、仮想通貨の採掘を始める際にはよく検討する事が大事です。

マイニングしたけど、電気代で+−ゼロになってしまう事も・・・

それでもマイニングがしたいという方は、電気代が安くてパソコンの熱量も抑えれる国に行ってしまうというのも考えられますよね。

ビットコイン関連ページ