ビットコインウォレットとは?初心者でも分かるウォレット作成方法

ビットコインウォレット

ビットコインウォレットとは何か?ビットコインウォレットの選び方や使い方とは?

「ビットコインウォレット」とはその名の通りビットコインを保管しておく為のお財布です。

ビットコインは電子データですので、専用のビットコインウォレットに残高を記録する事で保有することが出来ます。
ウォレットにパスワードを設定する事で他人に中身を見られずに使用する事が出来るようになります。

ビットコインの販売所でビットコインを購入したり、知り合いにビットコインを送ってもらう場合にはビットコインウォレットのアドレスを相手に伝えて送付してもらう事になります。
インターネットが利用できる環境にあれば世界中のどこでもいつでもビットコインを受け取る事が出来るのです。

ウォレットにビットコインを保管する事も出来れば、ウォレットを使って誰かにビットコインを送付する事も出来ます。

ビットコインウォレットの種類

ビットコインウォレットにはいくつか種類があります。

  • デスクトップウォレット(パソコン上の財布)
  • ウェブウォレット(Web上の財布)
  • モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)
  • ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)
  • ハードウェアウォレット(ビットコインの保管専用の端末)

が主な種類です。
それぞれにセキュリティ面や利便性において長所や短所が存在します。

一般的な使い分けで言うと、普段使用する為に小額のビットコインを保管するのであればデスクトップウォレットやモバイルウォレットが良いと言われています。
長期的な保有のために大金を保管するのであれば、オフライン環境下でのデスクトップウォレットやペーパーウォレット、ハードウェアウォレットが適しています。

詳細については以下にまとめます。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは自分の持っているパソコン上にインストールをし、管理する事が出来るビットコインウォレットです。
インターネットに接続したパソコンではセキュリティ面に不安があります。
長期に渡り大金を保管するような場合はオフラインのパソコンでウォレットを使用する事が理想的です。

デスクトップウォレットのメリット

  • 手軽に使用する事が出来る
  • ウェブウォレットに比べてセキュリティが高い
  • 高機能である

デスクトップウォレットのデメリット

  • インストール・初期設定が面倒
  • パソコンが壊れるとビットコインが取り出せなくなる
  • ウィルスやハッキングによりビットコインを盗まれる可能性がある

主なデスクトップウォレットの紹介

ソフト名 日本語 対応OS 必要ソフト
Bitcoin Core 対応 Win/Mac/Linux
Electrum 対応 Win/Mac/Linux
Multibit 対応 Win/Mac/Linux Java
Copay 対応 Win/Mac/Linux
mSIGNA 非対応 Win/Mac/Linux Bitcoin Core

Bitcoin Coreが公式ソフトになります。
但し、使用する際全てのブロックチェーンをダウンロードする必要があるので、初回利用時には何日もかかってしまう事が難点です。
その後も起動の度にブロックチェーンのダウンロードをする必要がある為使いづらいです。

Electrum・Multibitには軽量版があります。
こちらであれば外部サーバーを参照する為インストール後すぐに利用が出来ます。

日本語対応に関してはmSIGNA以外対応しています。
mSIGNAは最もセキュリティの高いウォレットですがまだ発展段階にあり、独自のウォレット構造である為初心者の使用には向きません。

現状最もおすすめできるのはElectrumです。

ウェブウォレット

ウェブウォレットはオンラインウォレットとも呼ばれます。
ウェブ上のサービスを利用して開設・設定をする事が出来ます。

色んな事がウェブウォレットの運営側の都合になってしまうので、小銭入れの感覚で利用する方が良いと思います。

ウェブウォレットのメリット

  • どのコンピュータやスマートフォンからもアクセス可能
  • 財布の開設・設定が簡単に行える

ウェブウォレットのデメリット

  • セキュリティ面はサービス提供側次第
  • 第三者にサイトがハッキングされる可能性がある
  • 一時的にサイトに繋がらなくなる可能性がある

主なウェブウォレットの紹介

サイト名 日本語 特徴
Blockchain.info 対応 ウェブウォレットの最大手
Coinbase 非対応 豊富な他サービスとの連携
Coinaplut 非対応 ビットコインの価格固定サービス
BitGo 非対応 マルチシグネチャウォレット
GreenAddress 非対応 マルチシグネチャウォレット
Xapo 非対応 デビットカードとの連携
Airbitz 非対応 便利なモバイルアプリ

どのウェブウォレットにも一長一短があります。
最も歴史が古く日本語にも対応しているBlockchain.infoが利用者数ではナンバーワンです。

どのサービスもセキュリティ面は向上してきましたが、多額のビットコイン保管には向いていません。

Coinbaseはアメリカに口座があればビットコインの両替を直接行ったり、決済サービスも利用ができます。

Coinapultは価格変動のビットコインを「ロック」する事が出来ます。
例えば「500ドル」にロックをすると、一定の通貨額のビットコイン量が保有出来ます。

Xapoはデビットカードと連携している点が特筆すべき点です。

Airbitzはスマートフォンのウォレットアプリです。
秘密キーのバックアップをクラウドサーバー上に保管していています。
日本では対応していませんが、ビットコイン決済点を検索する機能があります。

モバイルウォレット

iPhoneやアンドロイド上のアプリとして使えるウォレットです。
一般にウェブウォレットよりは安全だと考えられていますが、セキュリティ面においては不安がまだあります。
多額のビットコインの保管には向いていません。

モバイルウォレットのメリット

  • QRコードを読み取り送金等が可能
  • 持ち運びしやすい

モバイルウォレットのデメリット

  • モバイル端末を落とす場合がある
  • セキュリティ面に不安がある

主なモバイルウォレットの紹介

アプリ名 日本語 Android iPhone
Mycelium 対応(Android) 対応 対応
breadwallet 対応(iOS) 対応 対応
Bitcoin Wallet 対応 対応 非対応
Copay 対応 対応 対応
Coinomi 対応 対応 非対応
Bither 非対応 対応 対応

使用する端末によりおすすめのモバイルウォレットが異なります。

  1. アンドロイドの場合
    CopayもしくはがMyceliumがおすすめです。
  2. iOSの場合
    Copayもしくはbreadwalletがおすすめです。

この他にもモバイルウォレットは様々ありますが、現在の所上記のウォレットを使う事をおすすめします。
Coinomiはビットコイン以外の暗号通貨も保管出来ますので、様々な通貨をまとめて保管する場合は便利です。

ペーパーウォレット

ウォレットのアドレスと秘密キーを紙に印刷して保管します。
最も安全な管理方法の1つであり、長期にビットコインを保有する場合おすすめです。

ペーパーウォレットのメリット

  • 安全性が高いため長期保管に向いている

ペーパーウォレットのデメリット

  • 一度引き出すと同じウォレットを使用できない
  • ウィルス感染したパソコンで作成すると危険
  • 紙や印字の劣化により読み取れなくなる可能性がある

ハードウェアウォレット

ウォレット専用端末にビットコインを保管する方法です。

ハードウェアウォレットのメリット

  • オフラインの為安全に保管ができる
  • パスワードや認証システムによりセキュリティが高い
  • パソコンへ接続するだけで簡単に使用が出来る

ハードウェアウォレットのデメリット

  • 端末自体が故障する場合がある
  • 本体価格が高額

主なハードウェアウォレットの紹介

名称 日本語 国内販売サイト
Trezor 対応 Amazon.co.jp
(テックビューロ)
Ledger Nano 対応 在庫切れ
(テックビューロ)
Ledger Nano S 対応 Amazon.co.jp
(テックビューロ)
Keepkey 非対応 Amazon.co.jp
(コインギフト)

日本ではamazonで手に入れる事が出来ます。

ハードウェアウォレットの世界最大メーカーLedgerの社長であるトーマス・フランスにインタビューを行っていますので、そちらの記事も参考にして下さい。
インタビュー:”世界No.1ハードウォレットメーカー”Ledger社長トーマス・フランス

端末の日本語化はされていませんが、国内販売代理店などが日本語マニュアルや製品詳細などを公開していますのでそちらを参考にされて下さい。

ビットコイン関連ページ