ビットコインダイヤモンドとはどんなコイン?

ビットコインダイヤモンドは、日本時間で2017年11月24日夜にビットコインからハードフォークで分裂して誕生した暗号通貨です。ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドに続き、3度目のハードフォークになります。

ビットコインダイヤモンドのハードフォークは、寝耳に水だった人も多いのではないでしょうか?直前になって突然の発表だったようです。国内の取引所もあまり積極的に取り上げなかったこと、ハードフォークが相次いで新鮮味がなくなりあまり騒がれなかったことなどもその理由かもしれません。

ビットコインダイヤモンドの特徴

ビットコインダイヤモンドは、ビットコインの容量不足などの問題点を解決するために開発された、暗号通貨です。

呼び方は「BCD」

ビットコインダイヤモンドの呼び方は、「BCD」です。BTDだと別の暗号通貨に似ているので、避けたのだと思われます。

ビットコインダイヤモンドの性能

ビットコインダイヤモンドは、ブロックサイズが8MBです。ビットコインの1MBより大幅に増量され、ビットコインキャッシュと同じ容量です。

そのため、公式ページではビットコインの約5倍の速度がでるとされています。

そして、ビットコインキャッシュは総発行量が2億1千万枚になります。これは、ビットコインやビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドが2,100万枚のため、その10倍になります。

どの取引所でビットコインダイヤモンドが使える?

ビットコインダイヤモンドは、ハードフォークの時点でビットコインを保有していた人に、1BTCあたり10のビットコインダイヤモンドが付与される予定です。

しかし、日本の暗号通貨取引所の多くが、まだ態度を決めかねています。主な理由は、安全性です。リプレイアタックと呼ばれる方法でビットコインが盗み取られることがあるため、顧客の資産保護の観点から慎重になっているようです。

今のところ、3社がビットコインダイヤモンドの取り扱い方法について発表しているようです。また、中国の「バイナンス」という取引所がすでにビットコインゴールドのトレードを開始しています。

BTCボックスはいち早く対応を発表

日本国内の取引所では、BTCボックスがハードフォーク前にはっきり方針を表しました。それによると、

“ビットコインダイヤモンドに問題がないと確認出来た場合、ビットコインのブロック高495866時点のビットコイン保有量に対し、お客様の所持しているビットコインに対して1:10の割合でビットコインダイヤモンドを付与させていただきます。”

とのことです。あくまで限定条件付きですが、ビットコインダイヤモンドを正式に付与すると事前に公表した唯一の取引所です。

ビットポイントは未定と発表

また、ビットポイントもビットコインダイヤモンドについて発表を行っていました。ただし、こちらは

“当社対応方針は現段階において未定となっております。”

というものでした。それ以降、まだ新たなアナウンスはないようです。

コインチェックはツイッターで発表

一方、コインチェックは、取引所のサイトではなくツイッターで、11月26日、つまりハードフォーク後に行われました。ツイッターというのは、ちょっと情報伝達手段としていかがなものか、とも思いますが、一応付与する方針のようです。

バイナンスではトレード開始

海外に目を向けると、中国の取引所「バイナンス」でいち早くビットコインダイヤモンドのトレードが開始されています。バイナンスは2017年7月にできたての取引所です。取扱高が世界4位で、なんと日本語にも対応しています。

そのバイナンスで、ビットコインゴールドが取り扱われ、当初は10,000円程度の価格も付いていましたが、6,000~8,000円で推移し、11月末には5,000円前後に落ち着いています。

今後の見通し

ビットコインダイヤモンドの価格は他の取引所でも扱われ始めたら多少上がりそうですが、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドが数万円の価格をつけていたのに比べるとやや少ないようにも感じます。

また、時価総額も1,000位以降です。これも、少し低すぎのようです。ビットコインのハードフォークも3度目で、市場からの目も厳しくなっているのでしょうか。

とはいえ、うまく特徴が生かせれば、一気に人気が高まる可能性もありますので、引き続き注目しましょう。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です