仮想通貨、ビットコインの最大の特徴である4つの可能性とは?

ビットコイン可能性

仮想通貨のポテンシャル

仮想通貨が今非常に注目されていますが、仮想通貨は金融の巨大な拡大が起こる可能性を秘めています。

これを活用できれば、物凄く大きな資産を生み出すチャンス、大きなビジネスを行えるチャンスがあります。

仮想通貨というものは、現在、世界のほとんどの各国の規制がかからない通貨であり、そして口座そのものが匿名性も高く、守られているため、秘めたポテンシャルは限りなく大きいのです。

ではどのようなところにその可能性があるのか?

仮想通貨4つの可能性

今回は、その仮想通貨の4つの可能性についてお話します。

1.送金手数料がかからない

仮想通貨の取引には、一般の貨幣の送金と違い送金手数料がほぼかからず、仮想通貨の移動には、超少額以外は、ほぼ手数料がかからないのです。

通常、銀行を通じて送金を行った場合、国内送金でも数百円。
海外送金であれば、4,000円〜8,000円程度かかり、1万円の送金に対して国内で数%のコストが 海外であれば数十%のコストがかかってしまいます。

しかし、仮想通貨であれば、このコストがほとんどかからないのです。

現在の世界の貿易量は1,500兆円程度と言われています。

仮に為替差を含めた銀行の手数料が4%とした場合 この総額は年間で60兆円になり、仮想通貨はこの60兆円をゼロにする可能性があるのです。

仮にこの20%が仮想通貨で決済された場合12兆円の手数料が銀行の収益から削られることになります。

今の金融市場そのものを大きく変える可能性があります。

今の金融機関がとっている手数料を半額で決済するサービスがあれば、その会社は大きくシェアを伸ばしていくことになるでしょう。

様々な企業がここに限りない可能性を見出し、このジャンルにどんどん進出をしています。

更には多くのベンチャキャピタルがその可能性を感じ仮想通貨に対しての周辺サービスを行う会社への投資を行っています。

2.両替手数料がかからない

海外との送金を行う場合、単に資金を移動するというだけでなくその国の通貨に両替を行い、入金をする必要があります。

ここにかかる両替手数料は実質1%以上かかっています。
(レートを金融機関が決めているため、負担が見え難い仕組です。)

新興国通貨の場合、3%~5%はざらに取られますので、もし1,000万円に対して3%の両替手数料だとした場合 30万円の手数料を取られることになります。

金融機関は本当に上手に儲けていますよね!!

仮想通貨の場合、両替という概念がそもそも必要ありません。

一つの通貨で統一して世界で使用されているわけですから。

3.移動が瞬時に行われる

銀行を使った海外送金の場合、数日間の日数を必要としますが、仮想通貨であれば、全ての作業はパソコンやスマートフォン上で処理でき、ほんの数分から10分程度で処理が終わります。

4.銀行に行く手間がかからない

日本では、海外送金を行おうとすれば、非常に手間がかかります。

銀行自体、実際にお金の現物を海外に送っているわけではなく、 数字、データだけがコンピューター上だけで、Aという金融機関から、 Bという金融機関に移動しているだけにも関わらず、 わざわざ面倒な人の手を介して作業を行っています。

そうしなければ、高い手数料を取る示しがつかないということなのでしょうか?

自宅のPC上で、オンライン口座で完結できることを わざわざ複雑な仕組み、手間をかけて送金させられています。
銀行窓口まで行って、送金目的を根掘り葉掘り聞かれるはめになります。

海外からの入金に対しても厳しく、税務署から問合せがあったりします。
本当にまるで犯罪者のような扱いを受けさせられます。

多くの人は、こんな手間や嫌な思いをすれば海外に送金すること自体、嫌になってしまいます。

実はこれが日本という国の一番の目的なのではないか?
そんなふうに勘ぐってしまいます。

仮想通貨であれば、そんな手間や心配もなくなります。
全てパソコン上で処理を瞬時に行う事ができるのです。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓

1 個のコメント