仮想通貨をより深く知るための特性!

アルトコインの特徴

仮想通貨【暗号通貨】はビットコインにとどまらず、オルトコイン【アルトコイン】が複数あることは前回書かせて頂きましたが、ここで大切な事は各仮想通貨の特徴を知っておく事です。

本日はビットコインを除き、時価総額が高い通貨からの特徴を書きたいと思います。

イーサリアム(Ethereum)の特徴

ビットコインは、ブロックチェーンによってすべての取引の履歴を管理していますが、
イーサリアムは、分散型ネットワークである、ブロックチェーンに、
スマートコントラクト【契約情報】
を書き込み、それを実行するという仕組みです。

ビットコイン×ブロックチェーンにはまだまだ、弱点もあり、
この弱点を克服しようと、更には、ブロックチェーンをカスタマイズしたいな、
出来るようにしようとして、様々な所でその他動きがありますが、
その一つとして、この、イーサリアムが誕生しました。

イーサリアムの特徴

ブロックチェーンを新たに作って、
どんなアルゴリズムでも記述を可能にすることを目的としたプロジェクトです。
まず前提としてカラードコインについて書きたいと思います。

カラードコインとは?

ビットコインは主にビットコインの送金、受信、
この移動をブロックチェーンに記述することが可能ですが、
その他に出来ることとすれば、トランザクションの状態変化も記述することができます。

そのトランザクションの一部に出力し、色付けすることをカラードといいます。

これは、その名の通り色付け、つまりビットコイン以外の、
金であったり、株であったり、既存の通貨や、資産などと紐づけをし、
ブロックチェーンを様々な資金移転の為のプラットフォームに利用するという発想が生まれました。

これをカラードコインといいます。

この考えがまず、誕生したわけですが、
カラードコインでは、ビットコインのブロックチェーンに他の情報、通貨を含む、
デジタルな資産の情報を埋め込んで、ビットコインネットワークの規模と信頼を使いつつ、
新しい資金や資産の移転を目指したわけです。

しかし、カラードコインでは、考え方としては同じになってしまいます。

既存のビットコインの仕組みを全く変えずに新たな機能を実現する、その場しのぎ的な
解決方法なため、ビットコインの価格変動や制約の影響を受けてしまい
根本的な解決にはならないわけです。

これを前提に、カラードコインのような、様々なデジタルな資産を作成でき、
資金移転ができる仕組み【ルール】を記述できる【スマートコントラクト】
〚ここでは契約の自動化〛の為の基盤となることを目指してイーサリアムが誕生しました。
カラードコインとは違い、このスマートコントラクト、契約の自動化の仕組み、
考えは1から設計されているため、デジタル資産を記述する自由度が極めて高い、
プラットフォームとなっています。

誰でも利用できるような、開発の自由が与えられているわけですね。

イーサリアムでは、トランザクションで通常の状態の遷移をプログラム記述できます。
これは分かりやすく言えば、分散型コンピューターの役割を表すことになります。
これは金融の領域に限らず、コンピューターが社会に変革を今までもたらしてきたわけですが
この先この役割を十分に担う可能性があり、様々な所で、出来なかったことが可能になっていく。
天井の期待感がもてる仕組みになっているわけです。

ブロックチェーンは、中央集権がないため、唯一障害がないシステムです。

障害とは!?

会社が管理しているなどの、中央集権がある仕組みの場合、ハッキング被害にあったり、
内部の操作にであったり、アクセスが集中して、ダウンするなど、様々なリスクが存在します。

しかし、ブロックチェーンのような、中央集権がない、
分散型元帳は多数の参加者が元帳を分散して管理しているわけで、
ハッキングも不可能であり、アクセスが集中しても問題がないわけで、
これは最上の安全な仕組みと言えます。
もし、この仕組みが崩壊するとすれば、
地球全体が壊滅する、
天変地異でも起きない限りは安全なのです。

このブロックチェーンにイーサリアムの拡張機能でプらグラムの基盤として、
ブロックチェーンを備えることにより、
金融にとどまらず、例えば、土地契約や、出生登録、年金の記録など、今まで全て人の手を介して行われてきた契約がこれで確実にできるようになるわけですから、
コストをかけず、安全に、完結できてしまうのです。
ここに注目され、様々なアイディアが生まれ、多方面の開発がすすめられているわけですね。

事難しく考えず、まとめますと、

・自由なプログラムを記述できること
・このプログラムを動かす基盤としてブロックチェーンを使えるということ
・ブロックチェーンを使う事により、安全で確実に行えること

このくらいは最低覚えておきましょう!

スマートコントラクト〚契約の自動化】プログラムを記述し、

安全であり、中央集権がない、ブロックチェーンを用いて動かすことにより、
今まで多くの手がかかっていた契約等、これがミスなく、簡単に完結できてしまうってことですね。
これにより、例えば人件費、例えば人為的ミスの損失等
多くのコストや問題が解決されていくことだと思っています。
これはほんの一例であり、様々な角度から、開発がすすめられていて、
将来的には、小難しい契約書というものはなくなってしまうのかもしれませんね。

世界が注目する理由が未知数に備わっていますね^^

今後にも期待ですね!

今回はイーサリアムについて、書かせていただきましたが、また続きを書いていきたいと思います。
仮想通貨が儲かるから!という単純な理由だけではなく、
各通貨が、どのような特性を持ち、どのように世界を変えていくのか?
または、どのように成長していくのか?
ここもとても大事な所ですね。
私はトレードを主に行いますが、定期的に分散して、様々な通貨に積み立てをしています。
どうしても、トレード視点だけで見ると、投機となってしまい、
何故、この通貨が動くのか!?等がわからない時が、よくありました。

為替もそうですが、チャートである程度、人の心理を見抜き、
世界情勢をキャッチする、上で、通貨の特徴を理解しておくことで、
これは、この通貨に影響が出るなど、先読みもできるようになります。

基本的な事かもしれませんが、トレードのみ行っている方は、
投機としてだけではなく、特徴を知り、成長も感じながら、仮想通貨〚暗号通貨〛
の理解を深めていくことが、今後は一番大事なことではないかと私は思うわけです。

是非、資産分散の一環として、投機になりすぎず、定期積立もしていき、成長を感じながら、勉強していきましょう。
この学びが、ゆくゆく、大きな力となることは間違いないでしょう。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓