仮想通貨バブルの大局を見据える

ビットコインの価格上昇

ビットコインの価格が上がっています。

ビットコインに限らず仮想通貨全体の市場は拡大し盛り上がっています。

この前、ビックカメラやリクルートがビットコイン決済を導入したニュースが流れました。

こういったニュースは年内にも増えていくことが考えられ、
今後ますます仮想通貨市場は盛り上がっていくことでしょう。

仮想通貨市場に注目が集まり取引所で取引日する人が増えることは、
流動性が高まり市場にさらなる勢いをつけるのでいいことではあります。

ただその一方取引所は取引手数料により大きな収益を得ています。

また今700以上もの仮想通貨がこの世に存在していますが、
その中で残るものは僅かでしょう。

今は仮想通貨市場全体が盛り上がっていて損をしている人がほとんどいません。
しかし、2年後に仮想通貨が淘汰された時、全く価値がなくなってしまう仮想通貨に投資をしている人は財産を失ってしまうことになります。

そして市場全体が盛り上がってくると同時に増えてくるのが詐欺案件です。

インターネットが流行りだした頃も、ワンクリックで100万円などと煽った詐欺案件が増えました。
甘い言葉に誘われ多くの人が被害を受けました。

仮想通貨市場でも今後同じようなことが見られるのではないでしょうか。

人が集まってくるところに罠を仕掛けると多くの獲物がひっかかるので、自然な流れではあります。
HYIP投資を始めとするこれらの詐欺案件で財産を失う人も、また増えていくことでしょう。

仮想通貨市場はこれからバブルを迎えます。

その最初の時期に現在私たちはいるわけですが数年経った後
この仮想通貨バブルにうまく乗れた人とそうでない人は明らかに
違った結果を手にすることになります。

その差はどこに生まれるのか?

短期的ではなく長期視点でこのバブルを捉えることが必要になってくると思います。

繰り返される歴史

私たちが現在何気なく使っているインターネット。

このインターネットにおいて過去インターネットバブルと呼ばれるものが存在しました。

1990年代にアメリカで始まったバブルは一気に世界中を巻き込みました。

日本でも同じような it 系の企業が乱立しどうしようもない会社でも
社名にドットコムと入っているだけで株価がどんどん上がる状況にあったのです。

2001年にインターネットバブルは弾けましたが、
その後そういったどうしようもない会社はどうなったのでしょうか?

もちろん存在していません。

しかし真の価値のある会社はバブルがはじけても残っています。

Google・ Facebook・amazon などは
今では人々のインフラとなり、なくてはならない存在として今なお価値を上げ続けています。

仮想通貨の場合も同じだと僕は思っています。

またそれがインターネットバブルの比にならない程大きなものになるとも。

インターネットと同じようにブロックチェーンの技術が私達の生活に当たり前になった時、
今存在している仮想通貨や今後生まれる仮想通貨の中に
GoogleやFacebook、amazon と同じかそれ以上の価値のものが生まれてくると思うのです。

Google などに初期に投資をしていた人が大きな利益を得たように
その時に残っている仮想通貨に投資している人は大きな利益を得ることでしょう。

僕の好きな言葉に「大局着眼小局着手」という言葉があります。

今後ビジネスなり投資なりで仮想通貨に関わるとすれば、
この言葉ほど忘れてはいけないません。

ここを抑えているか否かで、目先の小さな利益に翻弄され大きな財産を失ってしまうか、
長い目でとらえて大きな利益を得るかが変わってきます。

必要なのはパラダイムシフト

珠玉混合入り混じる仮想通貨のビジネス・投資案件の中で、
本当に生き残るものにどれだけ触れるかが大切になります。

そしてそのために必要な事の1つがパラダイムシフト。

仮想通貨革命はこれまでの常識を打ち破り、 世の中の無駄を排除しより良くするものです。

価値はあるものの収益が出せなかったビジネスを軌道に乗せたり、
生まれた環境により不利益を被っていた人々が公平に取引をする事を可能にします。

また今まで考えもつかなかったような新しいサービスが生まれてくるチャンスでもあります。

そんな中過去の常識に囚われ、旧来の考え方を持ち続けることはとても危険です。

過去の価値観や今まで成功していた事、
また逆に今までなら失敗していた事、
そういったものに囚われ判断をしていると間違った判断を下すことになります。

自分の古いパラダイムを捨て、新鮮な気持ちで向き合う。

パラダイムシフトこそ今後の仮想通貨革命と上手に付き合うキーワードになるのではないでしょうか。

どんな情報に触れるかは自分次第

パラダイムシフトに加え、もう一つ大事になるのがどんな情報に触れるかです。
インターネットやテレビ、
雑誌などのメディアにこれからも様々な仮想通貨に関する情報が出てきます。

本当にそれらの情報は信頼に値するものなんでしょうか?

ビットコインで今一番話題になっているハードフォークの問題があります。

・Segwit派かUnlimited派か?
・いつハードフォークは起こるのか?
・ハードフォークが起こればどういうことになるのか?

様々な人が様々な意見を述べているわけですが、
それらのほとんどがでたらめというわけではありませんが、
誰かの又聞きだったり個人の勝手な憶測に過ぎません。

それらの情報に翻弄されて判断や行動を決めていては正しい方向に進めるわけがありません。

本物の情報はなかなか表に出てこないのです。

例えばビットコインに関わる主要なメンバー、
マイニングのコアメンバーやビットコインそのものを作った人たちの意見や情報は出てきません。

本物を知るためにはやはりそういった方々の情報に触れる必要があるのです。

そのために

暗号通貨を学ぶ

ビットコイン、そしてその根本にあるブロックチェーンの技術を勉強する必要があると思います。

勉強していき知識を身につければ、その人の言っていることが本当かどうか、
どこを見てどのように判断しているのか分かってきます。

本当の事を言っている人と、浅い知識で適当なことを言っている人の見分けが付いていくわけです。

その見分けがつきさえすれば本当の事を言っている人に会いに行けばいいわけですから、
本物の情報にたどり着くことができます。

仮想通貨革命は大きなチャンスです。

しかもそれは一生に一度あるかないかのものだと思います。

この波に乗れば大きな成果を手にすることができるでしょう。

そのために必要なことは古いパラダイムを捨て、自分できちんと勉強をすること。

そうでないと波に飲まれてしまう可能性があります。
波に乗るのか波に飲まれるのか。
それを選ぶのは自分です。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓