仮想通貨、ブロックチェーン技術が人手不足も解消!?

ブロックチェーン技術が人手不足を解消する

様々な業界、特にサービス業を中心に慢性的な人手不足です。

ヤマト運輸は一部の取引業者との取引を停止するそうですが、価格の合わない無理な取引はやめることが得策でしょう。

従業員への負担が増えることで離職率が高まり、結果的に慢性的な人手不足に陥るわけですから。

それによって取引が停止となる通販業者などは佐川急便、日本郵政等に仕事を依頼することになるでしょうが、安値で受けることもないでしょう。
今後は運賃は全般的に値上りしていくことになるでしょうね。

しかしそこに割って入ってくるのがITであり、ブロックチェーン技術なのです。

一時的に運送料は高くなることがあっても、だからこそそこにビジネスとしての旨味は出てくるわけで物流を根底から変えてしまう新たな方法が出てくることになるでしょう。

Amazonは当然それを狙っているでしょうからね。
Amazonは物流の根本を変えていくと感じています。

現在の物流システムそのものを半分程度まで人の手間がかからなくなる仕組み。

このくらいはそれほど難しくできるのではないか?

最近のブロックチェーン、IT、ロボット、ドローン、自動運転カー等の進歩を見ているとそう感じます。

ある特定の業界からは人は必要なくなるでしょうが、反対に今まで以上に人が必要な業界が現れます。

今から5年後、10年後、20年後、30年後に世界がどう変化するのか?

これをしっかりと予見し、これからの時代を担う層には伝えていく必要があります。
子供たちの将来を何処に置くか?

本当に深く考える必要がある時代なのです。

では、他には何処で人手不足が起こっているのか?
北海道の求人数は既に1.04倍を超えており、これは1960年代からの統計をとって以来初めてのことだそうです。

ただし正社員率は43%程度と低いですから、雇用のミスマッチが起きての現象だともいえます。

幾ら雇用があっても、その給与では満足できる生活ができない。
これではなかなかその職に就こうとは思いませんから。

しかし求人側としたところでも、採算が合わなければ人を採用することなどできません。
現在の収益構造の限界が来ているとも言えるわけです。

日本ではデフレが超長期続きました。
値上げに向かうには業界全体が同じ方法を向かなければ、なかなか1社だけで取り組むのは難しいでしょう。

そして何より日本人が価格が安いことが当たり前と思い、価格が安いことに慣れすぎてしまっているため値上げに対しての拒否反応を持ってしまっている。
このことにも問題があると思いますね。

こういうときに必要なものは何か?
バブルなのです。
あぶく銭なのです。

あぶく銭はお金の使い方に余裕をもたせるのです。
日々汗水たらして稼いだお金は無駄に使うことには誰もがためらいます。
しかし何もせず増えたお金であれば、無駄に使う精神的な余裕があります。

何処にあぶく銭があるのか?
何処でバブルが発生しているのか?

仮想通貨市場にあるのです。

ここで現在巨大なバブルが発生しているのです。
2016年夏は1兆円程度だった仮想通貨市場。
2017年4月末、既に3.5兆円を超えています。

たった半年ちょっとで2.5兆円の価値の増加が生まれているのです。
このお金が新たな仮想通貨に向かい、そしてその仮想通貨が更なる上昇を見せる。
そんな展開が続いています。

このバブルを上手に多くの日本人が利用することが、日本の成長に必須だと自分自身は考えているのです。

 

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓