トークンとは何なのか?暗号通貨とトークンの関係

トークンとは

トークンとは?

トークンとは、証拠・記念品・代用貨幣・引換券・商品券などの意味を持つ英単語。
プログラミングではソースコードを解析する際にそれ以上細かい単位に分解できない文字列の並びの最小単位(要素名や演算子など)のことをトークンという。
トークンとは: IT用語辞典

暗号通貨においての「トークン」がどのような意味で使われるのかというと新しく作られた貨幣=トークンという訳です。
暗号通貨は2種類のタイプがある

アセットタイプ
アセットタイプとは、発行者がいて発行枚数などを自ら決めることが出来るのが特徴です。
実際に配られているトークンは株式ではないですが、開発元のビジネスが成功すればするほど発行したトークンの市場価値が高まる要因になるので、まるで株式のような性質を持ちます。

アセットタイプの暗号通貨を売買するときは「暗号通貨」を売買しているというより、アセットを発行している開発元を株式のように売買していると言った方が適切かもしれません。

カレンシータイプ
カレンシータイプとは、ビットコインなどのように採掘するタイプの暗号通貨の事を指します。
ビットコインなどのように予め決まった仕組みに基づいて枚数が増えていくようにプログラミングされており、変更出来ない事が特徴です。
実際ビットコインは2100万枚と決まっていて変更は出来ませんので、カレンシータイプの暗号通貨といえます。

トークンを発行する理由

トークンは発行者を応援する為のものです。

例えば1組のアイドルグループAがおり、結成当初にそのアイドルクループAのトークンであるaを発行しているとします。
アイドルグループAを応援したいファンは、彼女らのトークンであるaを購入します。

その後人気が高まり、アイドルグループAは物凄い価値を持つグループになりました。
すると彼女達を応援したいと思うファンの数も増え、トークンaの価値は上がります。
トークンa価値の上昇により、最初からトークンaを持っていたファン達は売却益を上げることが出来ます。

アイドルグループAは当初はトークンを購入して貰う事で、活動の為の資金を得る事が出来ます。
また全てのトークンaを配るのではなく、自分達がその一部を持つ事により収益を上げる事も出来ます。

これがトークンの概要です。
この仕組は株式の発行と似ています。

しかしそれとは異なる点が、トークンaを持った人がアイドルグループAの所有権を持つ訳では無いという事です。
あくまでトークンaはアイドルグループAとは別に存在しているという事です。

様々なブロックチェーンを使ったプロジェクトでもこのような事が行われており、トークンが発行されています。

暗号通貨とトークンの違い

暗号通貨とトークンの違いに厳密なものはありません。
ここでは一般的に使われている違いについて説明したいと思います。

まず暗号通貨についてです。
暗号通貨はブロックチェーン技術が生み出した副産物的なものです。

例を挙げるとイーサリアムというブロックチェーン技術を使った暗号通貨がETHであり、

というのも、『イーサリアムというブロックチェーン技術を使った仮想通貨がETH』であり、『リップルというブロックチェーン技術を使った仮想通貨がXRP』であり、『NEMというブロックチェーン技術を使った仮想通貨をXEM』と名付けているだけなのです。

ざっくりいうと、独自のブロックチェーン技術で作った仮想通貨は、『イーサリアム』だの『リップル』だのと呼ばれ、Counter Partyのようなすでに公表されている既存のブロックチェーン技術をそのまま使って作った仮想通貨を『トークン』と呼ぶことが多いです。

トークンは暗号通貨とは違い、これまでビットコインに使われているブロックチェーンの仕組みを使っているという点にあります。
つまりはトークンは既存のブロックチェーンの仕組みで出来ており、独自の技術的な仕組みはありません。

トークンの無料プレゼント

トークンは様々なプロジェクトで無料プレゼントキャンペーンが行われています。
キャンペーンに応募して、無料でトークンを手に入れましょう!

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓