イーサリアムのアービトラージ(裁定取引)とは?

アービトラージとは?

アービトラージ、日本語では裁定取引と呼ばれます。
同じものの価格が取引される場所によって異なる場合に、価格で安い場所で購入したものを価格の高い場所で売却する取引です。

一般的には機関投資家などが、リスクを低くしながら利鞘を稼ぐ際に利用するものです。
ただし株式などの金融でのみ使われる言葉ではなく、ebayで安く購入したものをヤフオクで高値で売るというような場合もアービトラージと呼ばれます。

アービトラージのやり方

基本的に売りと買いは両建てで行います。
取引所Aと取引所Bのイーサリアムの価格を比較したとします。

お互いに比べてAは割安Bは割高だった場合、Aに買い注文Bに売り注文を行う事でその価格差分の利鞘が稼げる事になります。

イーサリアムのアービトラージ

取引所毎によるイーサリアムの価格差

イーサリアムは取引所ごとに価格が異なります。
取引所によって価格にバラつきが有る為これを利用してアービトラージを行う事が出来ます。

イーサリアムの取引所は世界中に存在しています。
日本にも多くの取引所があります。

一つ一つの取引所は基本的には独立した運営がなされており、取引所毎で価格が調整される訳ではありません。
取引所毎にそれぞれの売買板があり、そこで売買が行われるので当然価格にはズレが生じます。

これが株式の場合は違ってきます。
証券会社は数多くありますが実際の売買は証券取引所において行われます。

日本の場合ですと東京証券取引所などが有名です。
それぞれの証券会社というのはこの証券取引所への窓口として機能しているだけであり、ある特定の銘柄の価格が証券会社によって変わるという事はありません。

ボラティリティの高いイーサリアム市場

イーサリアム市場はボラティリティが高いと言われています。
ボラティリティとは価格変動の度合いを指す言葉で、「ボラティリティが高い」と言えば値動きが大きいという意味です。

イーサリアムの場合、一日に数十パーセント価格が動く事もありますから大変ボラティリティが高い市場という事が出来ます。
このボラティリティの高さが時に取引所間の価格の大きな乖離を生む事もあり、アービトラージで大きく利益を取れる事にも繋がります。

しかしその逆もあります。

ボラティリティの高さにより大きく損をする場面も出てくる可能性があります。
一般的にアービトラージは利鞘を取るため、大きな収益を得られない代わりに確実に利益が出る手法と言われています。
しかしイーサリアムの場合はそういうわけではないようです。

イーサリアムはまだ黎明期である

イーサリアムを始めとする暗号通貨業界はまだまだ黎明期です。
その為様々な変化が起きやすい状況にあると言えます。

例えば暗号通貨の王様と言われているビットコインでも2017年8月1日にフォーク(分裂)が起こり、新しいビットコインであるBCH(ビットコインキャッシュ)が生まれました。

実はこの時ビットコインキャッシュに関する取引所の対応が異なった為、ビットコインの価格に大きくズレが生まれました。
つまりアービトラージで大きく収益を上げるチャンスがあった訳です。

黎明期であるからこそ起こりうる変化であり、この状況はしばらく続きますから再び取引所間の価格が大きく乖離して、アービトラージで大きく収益を上げるチャンスが生まれるかもしれません。

イーサリアムはビットコインより先にフォークが起こり、イーサリアムとイーサリアムクラシックに分裂しています。
今後また同じような事がイーサリアムに起これば、アービトラージのチャンスもあるかもしれません。

イーサリアムのアービトラージを行う面白さの1つかと思います。

イーサリアム関連記事