イーサリアムのマイニングはどのように行われるのか?

イーサリアム マイニング

イーサリアムのマイニング

暗号通貨へ投資する人なら一度は気になるマイニング。

マイニングとは?
仮想通貨ネットワークを維持する為に参加者(マイナーと呼ばれる)が高性能PCを使って計算をして、一定時間内に一番最初に回答できた者が報酬が貰える仕組みです。

今回はイーサリアムのマイニングについて見ていきましょう!

イーサリアムマイニングの現状

ビットコインのマイニングの説明でもお伝えしましたが、既にマイニングに参加者が増えてきた為、個人のPCでマイニングをする事は難しくなってきています。

その為イーサリアムのマイニングを始めようとすると、マイニング用に機材を購入しなければなりません。
そしてマイニングによって利益が上げられるかどうかは、採掘できるイーサリアムの量とイーサリアムの値上がり率によります。

イーサリアムのマイニング効率を考える場合、注目するべきなのは次の通りです。

【マイニングの為に用意したプラットフォームにかかる費用を超える採掘量】+【イーサリアムの値上がり】
こちらが期待出来るのであれば、挑戦してみても良いのではないでしょうか。

では、上記の内容を踏まえた上でマイニングについてみていきます。

イーサリアムのマイニング方法

マイニング方法には次の2つがあります。

  • イーサリアムクライアント(イーサリアムの分散システムに参加するためのソフトウェア)を導入してマイニングを行う方法
  • クラウドマイニングサービスを利用してマイニングを行う方法

現在では色々なイーサリアムクライアントが存在しますが、公式から推奨されているクライアントは「Geth」です。
インストール方法は下記のところで記載されています。

https://book.ethereum-jp.net/first_use/installing_geth.html

そしてもう一つのイーサリアムのマイニングが、インターネット上にてマイニングを行うプラットフォームを貸し出しているサービスを利用する事です。

自分でマイニング機器を買って行うよりも効率的であると言えます。
現在マイニングを行うプラットホームを提供しているの会社は多数存在しており、そのサービスを利用することでマイニングが可能です。

世界の大手でマイニング開始までの手順が簡単かつ、日本語に対応しているクラウドマイニングサービスとしては「Genesis Mining」があります。

では、そんなマイニングにより獲得したイーサリアムを保管するにはどうしたらいいのでしょうか。

イーサリアムの管理方法

それはイーサリアムの通貨(ETH)を保管するためにはウォレット(財布)が必要です。
取引所取引の場合は取引所のウォレット(口座)を利用しても良いですがデメリットがあります。
取引所がハッキングの被害にあったり、潰れたりしてしまう可能性があるのです。

ですので大金を保管する場合には、自分のPC、またはスマホなどにウォレットを作って保管しておくのが良いです。

イーサリアムのウォレット

イーサリアムの公式ウォレットは「Mist」というウォレットです。
https://ethereum.org/
こちらはPCの容量に余裕がある方にオススメです。

次に紹介するのが、一番有名なPCウォレットが「MyEtherWallet」です。
https://www.myetherwallet.com/
簡単にオンラインウォレットが作成でき、githubで提供されているファイルを使えば自身のPCにオフラインウォレットを作成することも可能です。

スマホで使えるイーサリアムウォレットで代表的なものは
「jaxx」です。
https://jaxx.io/support.html

他にもイーサリアムウォレットはあるので、自分で使いやすいと思ったウォレットを開設してみてくださいね。

オススメ!イーサリアムのハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは仮想通貨をオフラインで保管しやすく、セキュリティが高いので、通貨を大量保有する時に人気です。

  • Ledger Nano s
  • Keep key
  • Trezor

どのハードウェアウォレットも人気で、日本のサイトでも購入出来ますが日本で購入するよりもアメリカのサイトで購入した方が安いです。

イーサリアムクラシックについて

ここまでイーサリアムについて書いてきましたが、イーサリアムと同じ名前が入っているイーサリアムクラッシックって何?と思われた方へ。

参考までに書かせて頂きます。
時間に余裕がある方は見て下さいね。

イーサリアムとイーサリアムクラシックの違い

2016年7月にイーサリアムで大きな事件が起こりました。
イーサリアムのプラットフォームから作られた新たな仮想通貨であるthe DAOという通貨を経由して、イーサリアムが不正に抜き取られるという事件が起こったのです。

the DAOという通貨の中にあったプログラムのバグを利用してイーサリアムが大量にハッカーの手に不正取得されました。
この事件に対してイーサリアムは修正作業(ハードフォーク)を実施して、不正取得された通貨を使えなくする対策を実施しました。

これで一旦は解決したのですが、このことがイーサリアムの支援団体の中で揉めるきっかけになります。
ここで行った対策「修正(ハードフォーク)」という行為が「仮想通貨の理念に反している」と考える人が現れました。

簡単に言うと、修正とかが出来てしまうと誰かの利益も変更されるかも・・・
だから変更できる仮想通貨は良くない!という感じです。

そこで、イーサリアムの修正(ハードフォーク)に反抗する人達によって作られた通貨が「イーサリアムクラシック」です。
イーサリアムクラシックは純粋にブロックチェーンによって、誰にも干渉をうけない通貨を目指しているようです。

この違いによってどちらの通貨が人気になっていくのかは楽しみですね。

イーサリアムのアップデート

そして、イーサリアム自体も今後まだまだ改良(アップデート)される予定があります。

イーサリアムは2017年8月現在は「ホームステッド」というバージョンなのですが、今後「メトロポリス」と「セレニティ」というアップデートを行う予定です。

アップデートを経て、イーサリアムは現状のPOWからPOSにシステムを移行してよりよい通貨となることを目指して行く模様です。
メトロポリスのアップデートは2017年9月末頃だと言われています。

また「セレニティ」のアップデートは2018年中で予定されています。

「メトロポリス」のアップデートにより現状のPOWからPOSのシステム移行すると、今まで使用してきたGPUマイニング機器は必要となくなり、1台数十万円のコストがかかったマイニング機器はイーサリアムをマイニング出来なくなります。

またPoSはPoWと違い資産の証明となり、ETHを多く長く所持しているノードがブロックを検証するようになります。
その為イーサリアムマイナーたちとイーサリアムコアデベロッパーの間で意見の違いが生まれる可能性があります。
他にもマイニング報酬自体もPoWとは違い少なくなると言われています。

ここまでイーサリアムについてみてきましたがアップデートも間近に近ずいて来ています。
ビットコインのハードフォークと比べると注目度は低いように感じますが、イーサリアムの今後には注目ですね。