暗号通貨のプレセールICO(Initial Coin Offering)とは何!?

Initial Coin Offering とは?

イニシャル・コイン・オファリングといいます。
新たに生まれる暗号通貨のプレセールの事です。

クラウドファンディングの仕組みが進化をし、新規の資金調達が非常に容易になっています。
 時代を変える大きな金融革命が今まさに起こっているのです。 

今までは大きな資金調達を試みようとする場合、信頼を積み上げて金融機関から借入をするか、株式市場への上場をし資金調達をするしか手が有りませんでした。

しかし、今は暗号通貨関連に於いては非常に簡単に資金調達が出来るのです。
ICOを専門に手がけるサイトが世界の中に幾つもあり、そこに情報をアップするだけで簡単に資金調達が出来てしまいます。

イーサリアム関連だけで2017年のICOは300を超えるそうです。

そしてそれ以外の暗号通貨・トークン等を含めれば500を超える調達案件があるでしょう。
当然そこは玉石混交になります。

実現不可能の案件や、完全な詐欺案件。
そんなものが市場に大量に出回ることになるでしょう。

本当に価値のあるICOを世界中から探し出し伝える事が重要だと考えています。

ICOの理解を深めましょう!!

今までは新興企業が大きく資金調達するには様々高いハードルがありました。
ICOは一気にそれを簡素化させています。
そして集める上での中間コストも大きく排除することができます。

システム上で全て行い、人の手を殆ど介することがありません。
無駄な紙資料を作る必要もなく、ブロックチェーンで管理することができます。

500万ドル程度のICOは、現在では1日で集まるそうです。
なぜそんなに簡単に集まるのか?
ここには大きな理由が存在します。

現在の暗号通貨市場は昨年夏1兆円だったものが5兆円を超えています。
そして2017年9月には20兆円に近づく勢いがあります。
そこで急速に大きく資産形成した人たちの資金が新たなICO銘柄に群がっているのです。

昨年からの増加金額が4兆円を超える中、今年新規にICOで資金調達する案件が500としましょう。
平均5億円の調達をしたとすると合計調達額は2,500億円です。
昨年夏以降の上昇価値の6%強のお金が流れこむだけで事足りるのです。

そしてそのICO銘柄が短期間にIPO化出来る為、その段階で投資資金が更に大きく膨れ上がる事になります。
その資金が更なるICO案件に向かうという好循環が起こっているのです。

最初にリスクを取って更には暗号通貨の可能性を理解し、投資をした人たちがどんどん好循環でお金持ちになっているのです。

新しい市場・産業が育つ上では、このお金の循環の流れが非常に大切なポイントです。
金融革命がICOと言う形で大きく出来上がってきているわけなのです。

これは本当に凄いことですよね!!
そしてまだまだ今は入口の段階でしかありません。
今から市場参加しても全く遅くありません。

大きなチャンスとして捉え、暗号通貨市場の成長を享受していきましょう。

新規ICOをどのように判断するか?

新しく市場に登場した、デュアルブロックチェーントークンMobileGOが4月後半に新規でのICOをスタートしました。
最初の4時間だけで4.5ミリオンの調達が出来たそうです。

新しい暗号通貨のイニシャル・コイン・オファリングへのニーズが物凄く大きい事が分かります。

実はこの通貨、今回のICOの前の段階で自分の所には話が来ていました。

ちょうど出張が重なり忙しく詳細の確認が出来ないままだった為、戻って資料を確認している矢先にこの情報を知りました。

今回は最初に投資をするにはタイミングを逸したことになりますが、新規になんでも飛びつけば良いというものではありませんし、しっかりと吟味した上で案件は選択する必要があります。

例えその暗号通貨案件がIPO化して大きな価値を持つことになっても、検証しデューデリした後、案件として取り扱うのでなければ、投資として継続して良い結果を出せるものではないと考えます。

マグレで出来上がった資産は継続して残せるものではありません。

自分自身、何度も資産を作り、何度も繰り返し資産を失くしているからこそ分かります。

理解、納得の上で投資を判断し、それが結果に繋がる事が大切なのです。

皆さんには暗号通貨に訪れている今のタイミング、バブルを本質を深く理解した上で大きなチャンスに変えて頂きたいと考えています。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓