Bytom(バイトム)とのインタビュー~デジタル資産と現物資産を繋ぐ~

bytom バイトム 仮想通貨

Bytomとのインタビューまとめ

今回はBytomとのインタビューをお届けします。
いつもは動画でインタビューをお伝えしていますが、今回は文章のみです。

暗号通貨を資産として持つ事の問題点として、現在より信頼のある資産と結びつける事が難しい事が挙げられます。

ブロックチェーンラボ
Bytomについて詳しく教えて下さい。

Bytomを一言で言うと「多元ビットアセットの交互協議」です。
これだけでは分からないと思いますのでもう少し詳しく説明します。

ビットアセットとは?
ビットコインを始め、暗号通貨などのデジタル通貨・デジタル資産を指します。
その一方で、原資資産と呼ばれるワラント・株・債権・情報資産などがあります。

形態・構造が違うビットアセットと原子資產を協議する中で、登録・交換・ギャンブル、またはより複雑な操作により二つの異なる資産を結びつける事が出来ます。

端的に言えば、Bytomはビットコインの世界と現物の世界を繋いて、多元化資産の登録と流通の分散式ネットワークを作れる暗号通貨です。

ブロックチェーンラボ
他のブロックチェーンと比べて、Bytomの特徴はなんですか?

Bytomの最大の特徴はチームと製品のコンセプトに根拠が有るという事です。
メンバー全員がこの分野に長年携わり、最も早い時期にブロックチェーンに接触しています。
製品自体はビジネスの需要を解決する為にディサインしたものです。

Bytomの応用の仕方としては主に資産の登記・流通です。
Bytomはハンマーのようなもので、釘は資産です。
資産を詳しく言うと、収入の権利、株主の権利と証券化資産などです。

ブロックチェーン技術によって資産領域での価値とより優れている事は明らかに分かります。
例えばBytomは規則と審査をより透明性を持って提供する事が出来ます。

スマート契約の公開記録が変化する事無く、永久に残す事が出来ますし、誤った情報が伝達する事を防ぐ事が出来ます。
記録を変える事は出来ませんし、それらが失われる事も有りません。

このような信頼性と安全性は既存の支払手段と審査所とは比べ物になりません。
証券化資産の発行は必ずブローカー・会社と証券仲介機構と契約し、複雑な手続きを完了してから投資家へ始めます。

証券化資産の発行や登録などをBytomを通す事により、より本来ある形に戻す事が出来ます。
カフェで自分のBytomウォレットを使い、資産の購入と譲渡が可能です。

例えば上場していない会社がBytomを通して、株主の権利とオプションを管理します。
株式譲渡、契約の作成、審査などは全部スマート契約で自動的に執行します。

株主も秘密キーを使ってサインします。
これで株主総会の投票を遠く離れた場所に居ても行う事がd軽マス。
これによりコストを削減する事が出来ます。

ブロックチェーンラボ
Bytom次の目標と今後の開発について教えて下さい。

Bytomは2017年年末にネットワークテストを行います。
これにより早期にチームの建設と製品研究と仕組みが整います。

チームは2017年後に半年80人以上拡大し、トレーニングや研究所との協力で人材を養っていきます。
開発はその順番に協定の層、BUTXO協定、共識演算法、契約開発枠組、クライアント、XRelayサイドのキー、メインネットワークの開発などです。
仕組みとは2018年第一四半期に、一回目の所有者大会を開催し、Bytomの管理規約を制定し、自治委員会を選挙します。

ブロックチェーンラボ
Bytomのマーケティング戦略ついて教えて下さい。

Bytom開発チームは主に8BTC.comからのメンバーです。
8BTC.comは中国最大のブロックチェーン情報サイト並びに揭示版として、根強いユーザーが居ます。

その為、他のブロックチェーンと比べると、Bytomは先天的なメディアとコミュニティ優位性を持っている事になります。
8BTC.comでBytomの専属掲示板を開設し、ユーザーと技術チームのそれぞれの意見や情報の交換をする機会も増えています。

Bytomチームは現在積極的に海外のコミュニティを開設し、海外ユーザーとの交流を更に深め、世界的なブロックチェーン技術者達と一緒にBytomを開発していきます。

Bytomチームは定期的に業界のパートナーと一緒に技術研究活動をします。
例を挙げるとImtoken、RSK、Polkadot、changellyなどです。
ユーザーには開発チームとの交流も提供していきます。

ブロックチェーンラボ
日本の暗号通貨市場についてどう思いますか?

現在日本政府はビットコインを「貨幣」に認定ています。
これにより公的な決済手段としてビットコインが利用可能になります。

これは間違いなく日本の暗号通貨市場を盛り上げたでしょう。
日本は世界最大のビットコイン市場で、今後暗号通貨を支援して認識度が高い会社も大幅に増えていき、政策も良くなっていくので、日本の市場にはとても期待しています。

ブロックチェーンラボ
暗号通貨やブロックチェーンラボ技術はどうやって世界を変えると思いますか?

ブロックチェーンは情報化のネットワークから価値化のネットワークに進化します。
デジタル資産の革命です。

中国、アメリカ、日本、ロシア、イギリスなどの国のブロックチェーン技術に対しての出資はどんどん増えています。
そして、ブロックチェーン技術に関しては既に多くの人が認識していますし、世界的に見ても暗号取引所がかなり増えました。

ブロックチェーン技術はデジタル通貨だけに使われる訳では無く、デジタル署名をした資産の所有権の保存または作成も可能ですし、スマート契約を使用している財産の転送も行う事が可能です。

ブロックチェーンラボ
日本の暗号通貨投資家へアドバイスをお願いします

日中の間には地域、文化、言語の違いが有りますが、未だ多くの中国ブロックチェーン技術は知られていません。
今後日中の交流やビジネスの協力が増えるよう、またデジタル通貨とブロックチェーン技術の発展の為に共に頑張っていきましょう!

ブロックチェーンラボ
最後にBytomについてまとめて下さい。

Bytomは中国三大ブロックチェーンの一つとして、その実力は疑うまでも有りません。

現在Bytomチームは海外コミュニティの拡大を計画し、既に多くの国際メディアやニュースがBytomについて報道しています。
これからBytomは開発作業の速度を上げ、ホワイトペーパーに書いている目標を実現します。
また9月にネットワークテストAlphaを発表します。

ありがとうございました。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓