ロジャー・ヴァー氏に見える驚くべきビットコインの近い未来

ロジャー・ヴァー ビットコインキャッシュ

ロジャー・ヴァー氏とビットコインキャッシュについてインタビュー

今回はビットコインジーザス(神)という愛称で知られる業界の超有名人、ロジャー・ヴァー氏を迎えての超豪華インタビューです!

ブロックチェーン・ラボでロジャー氏をインタビューをするのは今回で2度目。
以前は2017年7月にお話を伺いましたが、5ヶ月程を経て暗号通貨市場は大きな変化を遂げています。

というのも限界のインタビュー時の暗号通貨市場の時価総額は15兆円程度でしたが、現在はその5倍程の市場に大きく成長!

また8月1日のビットコインのフォークによって登場したビットコインキャッシュに対して、ロジャー氏はビットコインよりも普及していくものになると考えています!

ビットコインが抱えている問題。
そしてビットコインキャッシュの優位性など、ビットコインの一番の黎明期から関わっている人物だからこそ語る事が出来る内容が詰まった価値の高いインタビューになりました!!

ビットコインを持っている方、暗号通貨に関わっている方は必見のインタビューです!

ロジャー・ヴァー氏に見える驚くべきビットコインの近い未来
(17分)

チャーリー氏
皆さん、こんにちは。
今日はカリブ海から”ビットコインジーザス”ロジャー・ヴァーさんを迎えて、インタビューをしたいと思います。

前回に引き続きインタビューをしているのは、皆さんも動きに注目しているビットコインキャッシュですね。
ロジャーぼビットコインキャッシュを非常にプッシュしている。
自分自身も最近もビットコインではなく、ビットコインキャッシュが本物になっていくという確証を掴んでおり、そのように思っています。

ビットコインに投資をしている皆さんにとって、非常に貴重なものになってくると思いますので、このタイミングでMr.ロジャーに話を聞きたいと思います。

本日もよろしくお願いします。

ではロジャー、何故ビットコインキャッシュをプッシュしているのですか?
もし理由が幾つかあれば、教えて下さい。

皆さんにBitcoin Cash (BCH)を推奨している理由は、BCHが2011年に私が使い始めたビットコインと同じバージョンである為です。

BCHの取引は速く、安く、信用出来るものです。
一方でBitcoin(BTC)の取引は遅く、多額の手数料が掛かり不安があります。

というのもBTCの開発チームは、BTCの取引は時間が掛かり、それなりの手数料が掛かるものにしたいと公言しています。

BTCを”お金”として使用したいと願っている皆さんは、暗号通貨の取引は速く、安く、信頼出来るものであるべきだと思っているはずであり、理解していなければいけません。
それを実現出来るのが、BTCではなくBCHなのです。

どれほど速く、安く、信頼出来るものなのかをお見せするために、今回はデモンストレーションを用意しました。

こちらはペーパーウォレットです。
BTCアドレスのQRコードが見えますね。こちらはBTCとBCHの両方を入れる事が出来ます。
スマホから、実際にこのペーパーウォレットへお金を送金したいと思います。

50ドル相当(約6,000円)を送金する事にしましょう。
これから50ドル相当のBCHをこのペーパーウォレットへ送金します。
この取引で発生する手数業は1セント(約1円)の1/3です。

つまり50ドル相当のBCHをこのウォレットに送金するのに1円以下の手数料しか発生しないという事ですね。
たった今、送金しました。
もうこのウォレットには50ドル程のBCHが入っています。

では次に50ドル相当のBTCを同じようにこのアドレスへ送ろうと思います。
この取引の手数料を調べてみましょう。

(スマホで送金操作を行う)
ハハハ(笑)
スマホのウォレットから、このペーパーウォレットへ50ドル相当のBTCを送るのに、何と80ドル(約9,000円)も掛かるのです。
50ドルの送金に対して80ドルもの手数料が掛かるので、この取引はキャンセルして送金を取り止めます。

このビデオをご覧の皆さんの中に、Bitcoin.comのウォレットをお持ちの方がいらっしゃればご存知かと思いますが、こちらはプライベート・キーでスキャンする事で先ほどの50ドル相当のBCHを受け取る事が出来ます。

仮にBTCをこのアドレスに50ドル送金したとしても、送金手数料に80ドル程掛かりますから、スキャンしたとして運が良くても1〜2ドル程度のBTCしか受け取る事が出来ないでしょう。
仮に2ドル分のBTCを受け取れたとしても、残りの48ドル(約5,400円)は送金手数料に消えていく訳です。

これでBTCが”使えない”という意味がお分かりいただけたかと思います。
一方でBCHはお金として明確に使える事がお分かり頂けたでしょう。

ナカモト・サトシ氏によって書かれたBTCのホワイトペーパーを読んだ事があれば、そのタイトルにはP2P電子”キャッシュ”システムと明記されていることに気付くはずです。

しかし先程のデモで御覧頂いた通り、BTCをキャッシュとして利用するのは困難であるのに対し、BCHはキャッシュとして使う事が出来るという事が分かります。

このような理由からBCHを推奨しており、より多くのBCHを購入するため所有していた殆どのBTCを売却しました。

チャーリー氏
ビットコインから完全にビットコインキャッシュに入れ替わってしまうものなのか。
それともビットコインが残りながらビットコインキャッシュが大きくなっていくのか。
その辺りのイメージをどう持っていますか?

2018年にはBCHはBTCを上回るものになります。
それには自信が有ります。
またBTCは暗号通貨市場のトップの座を奪われる事は間違いありません。

Bitcoin Core の(2017年8月1日のフォーク後)ビットコイン (BTC)とブロックチェーンの技術者は、本来のBTCを破壊して先行者利益を得る事が出来ました。

BTCは他の暗号通貨と比較して、非常に幸先の良いスタートを切る事が出来ました。
私のようなこれまでのBTCをずっと後押ししてきた人間にとってはとても悲しい事ですが、これが現実です。
ですので将来的にBTCは暗号通貨界のトップでは無くなると思います。

トップはBCHやイーサリアム、もしくは他の通貨に代わると思いますが、少なくともBTCではありません。

なぜなら現在のBTCのブロックチェーンの技術者達は、当初のBTCがこの世に普及していった経済的な背景を全く理解していないからです。
彼らは水面下で意図的にこれまでのBTCが成功してきた経済的背景を壊してしまっています。

しかしながら、これまでのBTCを成功させてきたこれらの理由というのは、BCHという形で依然として存在しています。
例えばこの3ヶ月で、BTCは260%で成長しましたが、BCHは2,600%成長しました。
BCHにとって、とても大きな信任票となりました。

このインタビューをしている最中にも、1BCHあたり3,000ドル(約33万円)以上の価値を付けています。
BCH史上最高値を更新した事になります。

このトレンドは継続し、行く行くはBTCを上回るでしょう。
数ヶ月前にBTCを売って、BCHを購入する決断をした事に嬉しく思います。

チャーリー氏
ビットコインコアの役割は、先々終了していくものになるのですか?

一部の人々は引き続きBTCを使用していくだろうと考えていますが、BCHがとても人気になり採掘速度が急速にBCHへと転換した場合、BTCは非常に良くない立ち位置へ陥るでしょう。

取引が承認されるのに10分を要し、それに加えブロックが既にフルで格納している場合、10分が20分、30分、1時間を要するようになり、最終的にネットワークが混雑し更に大きな問題が生じる事になります。

マイナーたちは採掘しなくなるでしょうし、尚更BCHがトップの座を奪う可能性が高まりますね。

チャーリー氏
今の段階でビットコインを持っている人はキャッシュと分散した方が良いのか、つまり同量を持っていくのか良いのか。
それともビットコインキャッシュを信じるのであれば、キャッシュに移していくのが正しいのか。
投資家に対するアドバイスとして、どちらが良いのでしょうか?

複数の種類の暗号通貨を保有するべきでしょう。
1つの暗号通貨に全資産を預けるのは賢い選択だとは言えません。
一つのウォレットに全てを入れるのではなく、ウォレットも分散するべきです。

私自身のお話をすると、BCHに一番多く資産を置いています。
2018年、価値の上昇や世界各地での浸透性において最も可能性を感じているからです。
従って個人的にはBCHに最もお金を置いています。

チャーリー氏
キャッシュの開発陣の中に元々のビットコイン開発のコアメンバーが居るという話も聞いていますが、その辺り分かる事があれば教えて下さい。

BTCには、基本的に1つの開発チームしか存在していません。
BCHに関しては6〜7の異なる開発チームが世界各国に広がっています。

その中の何名かはかつてBTCの開発に携わっており、その他のメンバーはBCHの開発から加わっています。
大勢の技術者が世界中に散らばっていますので、BCHの開発においてはBTCチームより分散化されています。

BCHはBTCとは異なり、競争し合っている開発チームにより開発されているので、より強靭で信用の置けるものです。
これはBCHならではの付加価値と言えるでしょう。

チャーリー氏
今ビットコインの中でフォークが行われ、ビットコインゴールドやビットコインダイアモンドやビットコインウランなど様々な物がありますが、それらのものは必要になるのでしょうか?

BTCから分岐した他のコインに関しては、必要性を感じませんし有益であるとも思いません。

BCH以外のコインはBCHから混乱を起こさせるようBTCサポーターたちによって創られています。
なぜならば、BCHはオリジナルのBTCが本来持っていた特徴を全て備えており、それは世界中に広がっていったものだからです。
BCH以外のBTCからのフォークのコインに関しては実態すらあまり理解していませんが。

サポーター達はBTCと同じような通貨で、且つGPUマイニングで出来るものを創ろうと試みているようです。
しかしそれではBTCが持つ問題は何も解決されませんので、結局はそれらを解決しているBCHが有望という事です。
なので個人的にもBCHに対して非常に強気なのです。

チャーリー氏
ビットコインキャッシュというのは、スケーラビリティの問題に関して需要が高まれば更に拡大していけるものなのですか?

BTCのスケーラビリティ問題は、内部の問題であり技術的問題では有りません。
現時点で技術的な原因は有りませんし、問題は常に社会的なものなのです。

日本語しか話さない方々には、英語圏のBTCコミュニティーにおいて何が起こっているか知っている方は殆ど居ません。

実態はBTCサポーターたちがディスカッションプラットフォームから意図的に検閲して削除しているのです。
英語版のディスカッションプラットフォームでは、BTCに関する非難や反対意見が書かれた投稿は削除されています。

ご自身がBTCは検閲への耐性を持つ通貨であるべきだとお考えの場合、我々はBTCを維持する為に検閲に従事している人々を信用すべきではないという事になります。
従って私自身はBTCや、彼らのBTC拡張に関するアプローチ、言論の自由を尊重しない社会的なアプローチに対して好意的ではありません。

言論の自由があれば、BTCはこれほどまで社会的理由でBTC拡張を妨げるような社会的問題を抱えなかったでしょう。
スケーラビリティに関しては、技術的に拡張出来ない事は無いのです。
現在発生している膨大な量の取引を可能にするくらいのサイズに、既に拡張が出来ていたはずなのです。

また多くの方々がライトニングネットワークに関して噂話を耳にしていると思いますが、ライトニングネットワーク自体まだ存在すらしていません。

ライトニングネットワークを使用した決済方法を承認している商人は世界中どこを探しても殆どいないですし、対応しているモバイルウォレットもありません。
現時点においては単なるアイディアに過ぎず、この技術が将来登場出来るよう意図的にBTCに損害を与えているのです。

しかし優秀なビジネスマンであればご存知の通り、現段階で上手く使えている製品を将来の有望な製品の為に破壊する事はありません。
上手く機能している製品は維持し、その上で将来のための製品創りをするものですが、反対に現在のBTCは意図的にBTCに損害を与えているのです。

この実態は私のような世界で初めて暗号通貨に投資した者からしたら、非常に悔しいものです。

チャーリー氏
マイナーたちの反応はどうですか。
元々ビットコインキャッシュを支持するマイナーは少なかったと思いますが、それがどんどんビットコインキャッシュ支持に変わってきているのですか?

世界中の殆どのマイナー達は、彼ら自身にとって一番収益性の高いコインを選択します。
彼らの多くはどんどん、Bitcoin.comのような自動的にBCHとBTCの間で収益性の高い方に振り分けられるマイニングへと加わってきています。
そしてマイナー達はそのバージョンのBTCをBTCとBCHの間で実用性の高い方に自由に売却する事が出来るのです。

多くのマイナーにとっては、BTCを採掘することがより有益なのであれば採掘し続けますが、それより有益なBCHを獲得する為に採掘したBTCを売る事になるでしょう。

チャーリー氏
個人的な意見で構いません。
ビットコインとビットコインキャッシュの価格は早々に逆転していく。
それはどの辺りのタイミングだと考えていますか?

2018年中に、BCHの時価総額がBTCの時価総額を上回るのは間違いありません。

チャーリー氏
ビットコインが送金手数料がとても掛かり使えない。
この辺りを多くの人に分からせる。
今は勘違いしてBTCを持っている人が居るので、そこを分からせる事が大切だと感じていますね。

その通りだと思います。

最も良い方法は私が先程お見せしたように、少額のBTCとBCHの取引をやって見せることですね。
BCHの送金においてはほぼ全額受け取れるのに対し、BTCではそのほとんどが手数料へと消えていきます。

チャーリー氏
この後ブロックチェーンラボとしても、ビットコインキャッシュの事を日本中に伝えて行きますし、世界中の色んなコミュニティにBTCに対する勘違いと、BCHを広めていく事。
ここを一緒に進めていきたいと思います。

私としてもチャーリーさんと一緒に、日本の投資家の皆さんへBCHの事を知らせていく活動を続けていきたいと思います。

チャーリー氏
今日はカリブ海と繋いで、ロジャー氏にビットコインキャッシュについて話をして頂きました。

本当に多くの人が勘違いしています。
ビットコインは使いものにならないのです。

本来であれば、殆ど手数料が掛からずに世界中に送金が出来る。
一番大切な部分の役割をこれからはビットコインキャッシュが担っていく。
ここを皆さんに理解頂く。

暗号通貨市場全体が伸びていて、色んな暗号通貨も伸びていますが、その中で本質がどこにあるのか。
ここを理解して、投資を行っていただきたいと思います。

本日はありがとうございます。
またよろしくお願いします。

よろしくお願いします。
ありがとうございました。

2018年最初のセミナーを開催!

2018年「ブロックチェーン元年」
暗号通貨市場で行動するべきか!?

Medicalchain・Selfkeyのミートアップ同時開催

申込・詳細は以下のボタンをクリック!