ビットコイン価格がジンバブエで$7200!

ジンバブエ ビットコイン

ジンバブエで高騰し続けるビットコイン

アフリカのジンバブエではベネズエラのインフレと似た厳しい経済苦難に苦しんでいます。
そんな中ビットコインの需要は急増しており、唯一の取引所では1BTCあたり6,150米ドルで取引が行われています。

経済的な困難がジンバブエの取引所ビットコインファンディでのビットコイン価格の急騰を引き起こす

ジンバブエでは現在、国内の食糧不足や燃料不足が起こっており、経済危機に対処せざるを得ない状況に陥っています。

国の通貨は実質的に価値が無く、ジンバブエの中央銀行は様々な形の自国外取引市場に資金を流しています。
ガソリン、食品や医療用品、特定の商品、そして今はデジタル資産のビットコインなど、価値のある代替品を見つけるよう国民を導いている訳です。

例えば、国内唯一のビットコイン取引所Bitcoinfundiではビットコインのトレードに85%のプレミアムが付いています。
今週の初めに、1ビットコインが取引プラットフォーム上で7,200ドルの最高額に達し、現在の1BTC辺りの価格は6,150ドルです。

Bitcoinfundiの価格は世界平均の4,200ドルを大幅に上回っています。
しかしジンバブエのローカルBTC価格は、世界的な加重平均とほぼ同じです。
プレミアムはとても小さくなっています。

Localbitcoinが利用可能であるにも関わらず、物理的な現金不足の為ジンバブエで選択可能な取引形態は殆ど無いのです。
ローカルビットコインを使っているジンバブエ国民はSkrill、Moneygram、Paypalのような別の支払いを使用する必要があるのです。

ジンバブエ人の一部はBitcoinから利益を得る事が可能だと信じています

ジンバブエの経済は長年にわたって苦しんでおり、この間多くの個人や企業はビットコインがそれらの救世主だと暗に示してきました。
昨年、ジンバブエに拠点を置くエコノミストのフィリップ・ハスラムは、ジンバブエ人がビットコインの恩恵を受けると信じていると述べています。

「ビットコインは国内に入ってくれば、自国通貨がただの紙切れになるような問題はありません。通貨を民営化できるシステムなのです」
このようにハスラム氏は語ります。

更にウォレットプロバイダであるBitmaryも国内全域に暗号侵害の認識を広めています。
Bitmariは女性のジンバブエ農家と協力して農業活動に役立つビットコインの成長を手助けしているのです。

Bitmariの支払いプラットフォームは、Bitcoinを使ってアフリカの出稼ぎ労働者の費用を大幅に削減し、送金のスピードを向上させると主張しています。
同社は最近、アフリカでは著名な金融機関であるジンバブエ銀行と提携をしました。

ジンバブエの経済復興には時間が掛かるが、国民はBitcoinを支持しています

国内の投資家がジンバブエの資産から逃げ出す前にジンバブエの経済状況はどんどん悪くなっていくように思われています。
更に国民は政府の債券に関する深刻な通貨問題に取り組んでおり、米ドルは国内で3つの異なる価値を持っています

国が経済的な苦難に対処し続けていると同じくらい、多くのジンバブエ人はビットコインが彼らの問題の答えとなると信じています。
ジンバブエのビットコインに対する現在の需要を見れば、それは恐らく正しい事なのでしょう。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓