バンク・オブ・アメリカはブロックチェーン技術の特許を多数出願中

Bank of america ブロックチェーンラボ

バンク・オブ・アメリカが特許を申請

バンク•オブ•アメリカはデータ転送処理の追跡をリアルタイムで改善する事を目的としたブロックチェーンシステムに対しての特許草案を米国特許商標庁に提出しました。
このシステムではブロックチェーンを通信およびメモリデバイスと統合してデータ処理過程を容易にする事が出来るとしています。

2017年10月中旬までの特許出願技術に基づき大量のデータの転送を容易にすると共に、転送過程中に暗号キーを使用してデータを追跡する為のブロックチェーンの使用を提案しました。

システムは実際のデータ転送そのものと各データパケットおよび、その現在の処理段階を識別する暗号キーのログの2種類のデータ処理を処理する事が出来ます。
特許出願の一部は次のようになっている様です。

この発明はトランザクションおよび情報の複雑さを低減し電子ファイルの処理及び、そのようなファイルに含まれるデータの管理を変換する新規の技術的解決策を提供する事に向けられているのです。

バンク・オブ・アメリカのBlockchainに関する研究活動

最新のアプリケーションはブロックチェーン技術で保護されたアプリケーションのポートフォリオを確立する米国の主要銀行の取り組みの一つです。
同銀行は2014年8月以来、現在に至るまで技術または暗号通貨に関する20件以上の特許を提出してます。

出願している特許の内訳は情報の真偽を認証する為の分散型台帳と、それを扱う当事者の使用に基づく3件の特許と、ブロックチェーンによって供給されるP2Pシステムに基づく2件の特許でした。

米国のメガバンクはトランザクション検証、リスク検出、リアルタイム変換、オンラインとオフラインのストレージを含む暗号化の交換と支払いの過程のほぼ全てを許容する一連の特許を提出済みのようです。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓