ブロックチェーンの未来はこうなる!

ブロックチェーンは今後どうなっていくと予想されるでしょうか?

技術的にはまだまだ初期段階にあるブロックチェーンですが、投資は活発で、これからは本格的な普及期がやってくるのだと容易に想像することができます。

インターネットがコミュニケーションのコストを下げたように、ブロックチェーンは金融や登記など価値の保持に関わるコストを下げるメリットが期待できます。

実際には銀行業界や不動産業界そしてサプライチェーンに至るまで、今まで中央集権的で旧態のシステムを構築していた業界が変わっていくことが予想されます。

ユーザー主導ではじまったインターネットのように、ユーザーが主体で進められた技術の後に多くの企業が参入し、その後に大手企業と言われる大企業が参入してくるのかもしれません。

情報発信コストとブロックチェーン

インターネットの変遷を見ていくと面白いことに気付かされます。

インターネットの初期においては情報発信のやり方がとても難しく、皆HTMLのプログラムの勉強をしてホームページを作るというのが常でした。

その後、ブログが登場しHTMLを知らなくとも情報発信ができるようになり、ツイッターやフェースブックが現れ、インスタグラムのように携帯からでもアクセスできるような時代になりました。

HTML → ブログ → ツイッター・フェースブック → インスタグラム・アプリ

ユーザーからの情報発信が時を経ることに簡単になってきているのがわかります。

まさに情報発信にかかるコストが下がっていると言い換えることができるでしょう。

もしブロックチェーンも同じような流れをとるとすると、現在はまだまだユーザーがブロックチェーンを使うには勉強が必要な段階にあります。

いわばHTMLを習わなければいけない時代なのです。

今後、ブロックチェーンの利用が誰でもできるようになり、気軽に使われるようになるにはいくつもの技術革新が必要でしょう。

投資の金額が多く、インターネットで世界の技術者がつながった現代においては、インターネットの時よりも早いスピードで革新が起きるのかもしれません。

また検索エンジンの歴史を見ると最後にGoogleが新しいアルゴリズムをもってほとんどの検索エンジンを超越しシェアを奪ったようにブロックチェーンを使った新しいテクノロジー企業がでて来てシェアを奪うのも時間の問題かもしれません。

今後、ブロックチェーンがインターネットと同じような未来を進むのか、または全く違う未来を進むのかはわかりませんが、ブロックチェーンが社会インフラを変えるだけの力を持っている可能性を秘めていることは事実でしょう。

ビジネス向けブロックチェーン

ブロックチェーンをビジネスに使うには?
なぜ分散化なのか?

毎日、多くのメディアでブロックチェーンについて目にする機会が増えました。
大手企業がブロックチェーンでの新しい通貨を発行開始というだけでメディアに取り上げられる時代です。
まさにブロックチェーン黎明期とも言えます。

世の中の多くの会社やビジネスが認識していることといえば、ブロックチェーンはビットコインに代表されるピアツーピア型暗号通貨を支える革新的な技術であると認識しています。

しかし、ブロックチェーン技術は暗号通貨だけでなくまったく異なった多くのビジネスに利用ができる革新的な一面を秘めているのです。

しかし暗号通貨ばかりがクローズアップされ、なかなかビジネスに生かされていないのが現状のブロックチェーン技術ではないでしょうか?

ブロックチェーンは暗号通貨だけではないと言いましたが、でもなぜビジネス目的でなぜブロックチェーンを使った分散化が必要なのかという疑念や懸念を持っている会社が多く存在するのも事実です。

そう、良く使い方が理解されていないのです。

会社によってはブロックチェーンはメディアに誇張されたただの流行やトレンドでしかないという誤った否定的な見解にもつながっていることも事実です。

この記事ではブロックチェーンの暗号通貨以外の使い方について、そしてなぜ企業が分散化が必要なのかの本質に迫ってみたいと思います。

まず分散データベースであるブロックチェーンの利点を見てみましょう。
その利点は多岐に及びます。

セキュリティ

ブロックチェーンではレコードが常に様々な地域や複数のサーバーに分散されているため、常にデータを入手できる可能性が非常に高い。
多数のノードが失敗したり、攻撃によりシャットダウンをした場合でも、アクセスが可能である。

また、常に最新のブロックによりアップデートがなされているため、アクティブなノードにアクセスをすることは最新のデータにアクセスをしているということと同義であり、これはDDoS攻撃を受けた場合でも変わらない、非常に好ましいネットワークセキュリティであることがセキュリティ面での大きな利点です。

分散処理

最新のノードにアクセスが可能な点に加え、このシステムは常に新たなデータを処理し、ブロックチェーンにブロックを追加することが可能です。

つまり、データのアクセスができるだけでなく、アクティブなノードが存在している限りシステムは常に処理をし続けることができます。
ということは、攻撃者がシステムの処理を止めてシャットダウンを起こそうとしても、ブロックチェーンのすべてのノードをシャットダウンしない限りそれは不可能であり非常に困難です。

分散して処理ができるのは中央一極集中型のサーバーに比べて多くの安定性を生み出します。

提携や連合 (パートナーシップとコンソーシアム)

今まで会社やパートナー間同士の合意形成をするには信頼が必要になっていて、人間同士の信頼に足りうるかという問題がいつもつきまとっていました。
いくら法律や契約ですべての契約を固めたとしてもアナログな契約では最後に人として信頼できるかという点において疑念が残るためでした。

特に競争相手同士での契約となるとなおさら疑念が残るはずです。この点、ブロックチェーンの分散という特性は、データの処理と貯蔵ということに信頼が必要とされないため、この問題を軽減することができます。
ブロックチェーンにおいて一方が他と同じ情報を所持していることを確信することに関して、関係者間の信頼は必要ではありません。今後、スマートコントラクトなどの技術に応用され多く使われてくることでしょう。

まとめ

これらの利点はビジネスがブロックチェーンの分散データベースを利用する一部のメリットに過ぎません。

今後ブロックチェーンの利点がもっと多くの会社に認められ、そのブロックチェーンのソリューションを求めている企業が増えてくると予想されます。
そうなった時には、分散データベースの利点が多く発見されてくるはずです。

そして企業に対して莫大なメリットを生み出す事は明らかです。

暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンについて学ぶためのeラーニング!
日本でも最大のボリュームで暗号通貨学習が出来ます。
既に120日分が完成しており、最終的には1年分配信いたします。

これら全てが登録無料です!
申し込みは以下のページから↓