インドはブロックェーンで土地、不動産の問題の解決に取り組む

インド ブロックチェーン

インドのアーンドラ・プラデーシュ州は不動産の所有権を透明に追跡する為の土地登記ブロックチェーンを開発するベンチャー企業と提携しました。

アーンドラ・プラデーシュ州政府はスウェーデンのベンチャー企業ChromaWay社と不動産登記のブロックチェーンを構築し、今まで政府に集中管理され非効率的で誤記載の多かったデータベースを改善する為共同で問題解決に取り組んでいるとしました。

政府関係者はこう述べています。

「詐欺が横行し名義をめぐる争いの決着は裁判までもつれ込む事が多く、土地や財産に関する事案は国内の民事事件の約3分の2を占めている」

ChromaWay社は以前スウェーデンで不動産を売買する過程に焦点を当てたブロックチェーンプロジェクトを試行していて、今回はブロックチェーン技術と既存のデータベースシステムを組み合わせたChromaWay社の「Postchain」プラットフォーム上に構築され、ユーザーはフロントエンドのWebアプリケーションと対話し、データはバックエンドのブロックチェーン技術によって処理されます。

Chowdary社は更に次のように述べています。

「ブロックチェーンは未来の技術です。
過程を認識する方法を変えるだけでなく経済を変革する可能性もあります」

元々ビットコインを支えるテクノロジーとして使用されていたブロックチェーン技術は、業界全体に適用されるようになってきています。

2018年最初のセミナーを開催!

2018年「ブロックチェーン元年」
暗号通貨市場で行動するべきか!?

Medicalchain・Selfkeyのミートアップ同時開催

申込・詳細は以下のボタンをクリック!